金融財務研究会TOP > セミナー一覧 > 会計・税務セミナー > のれんの減損テストの実務上のポイント


のれんの減損テストの
実務上のポイント

〜上場会社の経理担当者が知っておくべき実務上の留意事項〜

【Excel演習、パソコン貸与、テータは持ち帰って使えます】


日時: 平成29年5月23日(火)午前9時30分〜12時30分
会場: 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
受講費: 34,600円(お二人目から29,000円)
(消費税、参考資料を含む)

講師 角野崇雄(かどのたかお) 氏
(株)Stand by C 取締役
公認会計士・税理士

 上場会社の経理担当者の皆様が知っておくべきのれんの減損テストの実務上の留意事項を、ポイントを絞ってわかりやすく解説します。企業価値評価の観点から、評価を行う上での基本的な事項から、のれんの減損テストの実務をご理解頂くことが本セミナーの趣旨になります。
 減損テストに用いる事業計画、割引率の設定などの重要論点を、弊社が大手監査法人のレヴューを受ける中で培ったノウハウをベースに監査上のポイントを踏まえてご説明致します。また、具体的な設例を用いたエクセル操作を通じて、パラメーターの変更が企業価値に与える影響を体感して頂きます。
 


● のれんの減損テストを取り巻く環境と課題
  
● のれんの減損テストの進め方
  
● 監査対応
  
● のれんの回収額とは? その算定は?
  
● のれんの減損テストの留意点

(1) 事業計画について
(2) 余剰現預金の取り扱い
(3) 割引率設定
(4) フリーキャッシュフローの成長率の考え方
(5) 海外子会社特有のポイント
(6) IFRS固有の論点(感応度分析・税引前割引率の算出)
  
● エクセル演習



【講師紹介】
あずさ法人及び株式会社KPMG FAS等を経て、2013年より Stand by Cへ参画。Stand by Cにて、財務デューデリジェンス業務、国内及び海外案件における株式価値算定業務、PPAにかかる無形資産価値評価業務等に多数従事。


※録音・ビデオ撮影はご遠慮下さい。
主催 金融財務研究会
印刷用PDF 一覧に戻る

Copyright © KINYUZAIMU KENKYUKAI Co.,Ltd. All Rights Reserved.