金融財務研究会TOP > セミナー一覧 > 会計・税務セミナー > 退職給付会計の課題解決セミナー


退職給付会計の課題解決セミナー

〜マイナス金利の影響、経営ガバナンスの観点から〜


日時: 平成29年8月9日(水)午前9時30分〜12時30分
会場: 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
受講費: 34,400円(お二人目から29,000円)
(消費税、参考資料を含む)

講師 井上雅彦(いのうえまさひこ) 氏
有限責任監査法人トーマツ
パートナー 公認会計士

 退職給付会計の実務対応には、「退職給付制度の理解」、「数理計算の理解」、「特殊な会計処理の理解」が必要なため、他の経理項目に比べ、円滑な実務対応や引継ぎが難しい分野となっています。また、実務上必要とされる知識やスキルがなかなかわかりにくく、担当者は悩ましいところです。一方、退職給付会計は、連結財務諸表への影響のみならず、経営戦略や人事戦略上も重要な影響を及ぼします。経理・管理部門の人員が不足するなか、退職給付会計周りの実務対応は特定の方に知識・ノウハウが集中する傾向があり、企業の経理対応や人材育成上も大きなネックになる場合があります。
 こうした課題を解決すべく、本講座では、経営や実務の実態を踏まえ、理解すべきポイントや課題の解決方法をわかりやすくお示しします。特に、経営ガバナンスの観点や昨今のマイナス金利環境等の観点から、実践的に解説します。
 


1.日本の現行退職給付会計基準のポイントと実務対応「理論編」

2.実務上の重要課題とその処方箋

3.経営の観点からの年金ガバナンスと、戦略的統合的視点に基づく年金管理


※録音・ビデオ撮影はご遠慮下さい。
主催 金融財務研究会
印刷用PDF 一覧に戻る

Copyright © KINYUZAIMU KENKYUKAI Co.,Ltd. All Rights Reserved.