金融財務研究会TOP > セミナー一覧 > 保険・資産運用セミナー > Python3ではじめるシステムトレード(初歩の初歩‐日曜午後の部)


Python3ではじめるシステムトレード
(初歩の初歩‐日曜午後の部)


◇セミナーは午前と午後の部に分かれています。
午前午後の両講座の同時お申し込みの場合は
49800円の特別料金となります。◇


日時: 平成29年8月27日(日)午後1時30分〜午後7時00分
会場: 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
受講費: 35,000円(お二人目から30,000円)
(消費税、参考資料を含む)

講師 森谷博之(もりやひろゆき)氏
Quasars22 Private Limited(Singapore)
Director,MBA,MBA,MSc,
中央大学商学研究科兼任講師、
中央大学企業研究所客員研究員 

 システムトレードについてはじめて学ぶ人のために、システムトレードがどのような経緯で発達してきたのかを実際のマーケットの参加者の事例を参考に紐解いていきます。システムトレードは今後投資の主流を占める取引形態の1つです。システムトレードには今話題となる人工知能や機械学習が用いられ始めています。しかし、基本はデータの分析に基づいた規則に則った売買です。そこには長年にわたる一貫した取引手法や最近話題を集める高速で売買を行う手法などがあります。その利点と欠点を理解し、長期的な観点から如何に収益を獲得していくかを学びます。



午後の一部 前半 13:30−15:00
1. 王道としてのシステムトレードの手法
2. 長期投資とトレンドフォロー戦略について
3. リスクとリターンの分析の仕方
4. 過去の価格データを用いたトレード戦略の成績の評価

15:00−15:30 コーヒーブレイク+自由質問


午後の一部 後半 15:30−17:00
5. 資金管理の重要性
6. 統計学の重要性

午後の二部 17:30−19:00
演習:トレード戦略の構築
(午前と午後の部で習得した知識を用いて取引手法を参加者みんなで考えてみます。)



ノートブックパソコン持ち込みが原則です。参考プログラムコードはWindows 10で動作確認をしています。また、Windows 10以外ではMacとLinuxの使用が可能です。OSは申し込みの際にお知らせください。

参加者においては特にプログラミングの経験は必要ありませんが、エクセルの経験等、PCを使い慣れている方がセミナーの内容を理解するには有利かと思われます。



参考文献:
『Python3ではじめるシステムトレード ‐環境構築と売買戦略』
(パンローリング梶j
『タートル流の投資の魔術』(徳間書店)
『ザ・タートル投資家たちの士官学校』(日経BP)
『マーケットの魔術師』(パンローリング)
『新マーケットの魔術師』(パンローリング)
システムトレードwiki、テクニカル分析wiki、
テクニカル指標一覧wiki



講師紹介】
Quasars22 Private Limited(Singapore),Director,MBA,MBA,MSc,中央大学商学研究科兼任講師、中央大学企業研究所客員研究員。
主な論文に「金融市場の安定、多重性の増加、取引戦略の役割」企業研究第30号(2016年3月)、「シンガポールの金融ビジネスの可能性とそれを支えるシステム」企業研究第29号(2015年8月)がある。主な訳書に「シュワッガーのテクニカル分析」(1999、パンローリング)、「物理学者ウォール街を往く」(2005、東洋経済新報社)。


※録音・ビデオ撮影はご遠慮下さい。
主催 金融財務研究会
印刷用PDF 一覧に戻る

Copyright © KINYUZAIMU KENKYUKAI Co.,Ltd. All Rights Reserved.