金融財務研究会TOP > セミナー一覧 > 不動産・証券化セミナー > 事業者のための建築トラブル予防・対処法


事業者のための
建築トラブル予防・対処法

〜元国交省官僚で一級建築士でもある弁護士が、
民法改正の影響とリスク予防・対応実務を徹底解説〜


日時: 平成29年9月5日(火)午後1時30分〜午後4時30分
会場: 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
受講費: 37,000円(お二人目から32,000円)
書籍ご持参の方は、2,600円引きとなりますので
(店頭販売価格とは異なります)
お申し込みフォーム備考欄にご記入ください。
(消費税、参考資料を含む)

講師 富田 裕(とみたゆう) 氏
TMI総合法律事務所
弁護士 一級建築士

 横浜のマンションで発覚した杭打ち偽装事件以来、建築トラブルを避けるため、法令上のコンプライアンス及び設計から販売に至る建築物をめぐるリスク対応について関心が高まっています。
 そこで当セミナーでは、マンションの開発会社や建設会社、販売会社、設計事務所の立場から、前半で5月に成立した改正民法によって法的責任の内容がどのように変わる可能性があるかについて解説します。後半では、集団規定、単体規定のコンプライアンスを怠るとどのような問題が発生する可能性があるか、設計図書の流用のリスクとこれに対する対処としてどのようなものが考えられるか等について解説いたします。サブ・テキストとして、下記講師著書[代金は受講料に含まれます]をご提供致します。



1.民法改正による売買の瑕疵担保責任の変更
(無過失責任から過失責任へ)
 
2.民法改正による請負の瑕疵担保責任の変更
(無過失責任から過失責任へ)
 
3.建築物の法令違反とそのリスク予防・対応実務
 
4.集団規定違反とそのリスク予防・対応実務
 
5.単体規定違反とそのリスク予防・対応実務
 
6.設計図書流用のリスクとその予防・対応実務



本セミナーにつきましては、
法律事務所ご所属の方はお申込をご遠慮願います。



【提供図書:
講師著『建設・不動産会社の法務
―設計・施工・売買のリスク予防・対応実務』
(中央経済社税込3,240円)をテキストとして使います。
同書をお持ちで当日持参される方は、
セミナー代金より2,600円割引いたします。】



【講師紹介】
1989年東京大学法学部卒業、同年建設省(現国土交通省)入省。1994年東京大学工学部築学科卒業、1996年東京大学工学部建築学科大学院修了。1996年株式会社磯崎アトリエ入社。1997年一級建築事務所富田裕建築設計事務所設立、住宅の設計・監理に従事。2008年弁護士登録。2012年TMI総合法律事務所。国土交通省における行政経験、一級建築士として住宅等の設計、監理に携わってきた経験をいかし、建築や都市計画に関わる紛争に数多く携わっている 。
著書:
「建設・不動産会社の法務(中央経済社)」、「民法改正で変わる住宅トラブルへの対応(中央経済社)」等がある。


※録音・ビデオ撮影はご遠慮下さい。
主催 経営調査研究会
印刷用PDF 一覧に戻る

Copyright © KINYUZAIMU KENKYUKAI Co.,Ltd. All Rights Reserved.