金融財務研究会TOP > セミナー一覧 > 企業法務セミナー > 【現地報告】アメリカ最前線の訴訟弁護士が解説 米国IP(知財)訴訟とAI法務の最新情報


【現地報告】
アメリカ最前線の訴訟弁護士が解説
米国IP(知財)訴訟とAI法務の最新情報

<牧野和夫弁護士とのミニ・ディスカッションと日本語サマリー付き>


日時: 平成30年7月13日(金)午前10時00分〜12時30分
会場: 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
受講費: 31,000円(お二人目から27,000円)
(消費税、参考資料を含む)

講師 Louis DelJuidice(ルイスデルジュディス) 氏
Trautman Sanders法律事務所
(ニューヨーク事務所 パートナー)特許弁護士

コーディネーター 牧野和夫(まきのかずお) 氏
芝綜合法律事務所 弁護士・弁理士
米国ミシガン州弁護士 早稲田大学講師

 アメリカの知的財産分野でトップファームであるTrautman Sanders法律事務所のニューヨーク事務所のパートナーである、Louis DelJuidice(ルイス・デルジュディス)特許弁護士をお招きして、現地から最新情報をお届けします。
 アメリカ最前線の訴訟弁護士から米国IP(知財)訴訟とAI法務の最新情報を仕入れて米国法務に備える良い機会です。講演は、牧野弁護士がDelJuidice弁護士に問い掛けてそれに答えて頂くミニ・ディスカッション形式で進めます。最新情報の習得だけでなく、英語力(法律英語)の確認の機会にもなります。多くのみなさんの参加を歓迎いたします。



1.アメリカ訴訟の最先端問題と対応戦略 Cutting edge issues in US litigation and how to deal with them
(1)知的財産権保護と独占禁止法規制のバランスを押さえるTo understand the balance between IP protection and anti-trust regulations
(2)アメリカ知財訴訟の最新動向と対応 Recent developments in US IP litigation and how to deal with them
(3)Patent Trollの最新動向と対応Recent developments in US Troll litigation and how to deal with them
(4)アメリカ訴訟に対応した契約書ドラフト【初公開】Drafting Contracts, considering US litigation
(5)AI技術の知財保護について How to protect AI technology

2.AI技術とアメリカ法律事務所の実務(訴訟手続、契約・相談実務への影響) AI technology and its impacts on US law firm practices
(1)訴訟手続(eDiscovery等)への影響(裁判所、司法省)impacts on litigation proceedings (eDiscovery, court, DOJ)
(2)契約実務への影響 impacts on contract drafting, negotiations
(3)法務コンサル実務への影響 impacts on legal counselling
(4)企業法務・法律事務所は今後どうなるのか?What happens on inhouse counsel, law firms?

3.その他最新情報(参加者のみなさんからのご質問も大歓迎です) Any other new topics - we welcome any questions!



【Louis DelJuidice氏】 
電気機械、携帯電話、コンピュータおよび医療機器分野(ビジネスメソッド特許、DVD、オーディオ機器、携帯電話、デジタル著作権管理(DRM)、電子透かし、インターネットコンテンツプロバイダ、デジタルカメラ用光学機器、切削工具、透析機、吸収性物品、半導体、印刷物回路基板、および回路基板コネクタ技術)の訴訟・紛争解決及び法的助言に従事。
学歴: 
Pace University, J.D., magna cum laude(首席卒業),
2001 Lehigh University, M.S., 1995 Lehigh University, B.S., 1993
出版・講演等:
1.「弁護士・依頼者間秘匿特権及びワーク・プロダクツの理論の概要」ニューヨーク市に拠点を置く日本企業法務部長会、2014年7月、 2.「知的財産権および独占禁止法遵守」企業研究会、日本、 2014年5月、「あなたのアイデアの発明概念の発見 - その他の知的財産に関するヒント」、ニューヨーク、マンハッタンの発明家協会の会議、2013年12月 等多数。

【牧野和夫氏】
1981年早稲田大学法学部卒。1989年GM Institute修了、1991年ジョージタウン大学ロースクール法学修士号、2013年ハーバード・ロースクール交渉戦略プログラム修了。いすゞ自動車株式会社法務部課長、アップルコンピュータ(株)法務部長、早稲田大学大学院講師、東京理科大大学院客員教授、尚美学園大大学院客員教授を経て、現在、英国国立ウェールズ大学大学院(ビジネススクール)教授、関西学院大学法学部・商学部講師、明治学院大学法学部講師、国士舘大学大学院講師、企業法務協会理事など。主な著書に「英文契約書の基礎と実務」DHC、「国際取引法と契約実務(3訂版)」(共著)、以上中央経済社、「契約書が楽に読めるようになる「英文契約書の基本表現」」日本加除出版、「知的財産法講義(三訂版)」税務経理協会、ほか現在まで著書は66冊を数える。 


※録音・ビデオ撮影はご遠慮下さい。
主催 経営調査研究会
印刷用PDF 一覧に戻る

Copyright © KINYUZAIMU KENKYUKAI Co.,Ltd. All Rights Reserved.