金融財務研究会TOP > セミナー一覧 > 企業法務セミナー > お客様相談室担当者が押さえておくべき法的知識


お客様相談室担当者が
押さえておくべき法的知識


日時: 平成30年8月23日(木)午後1時30分〜午後4時30分
会場: 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
受講費: 34,300円(お二人目から29,000円)
(消費税、参考資料を含む)

講師 吉新拓世(よしあらたくよ)氏 
弁護士法人Martial Arts 
シニアパートナー 弁護士

 お客様相談室には、お客様からの様々な意見や問合せのみならず、法的な主張を含む請求が寄せられます。その対応の誤りは紛争を大きくし解決を困難にするのみならず、企業の信用にかかわる事態に発展してしまうことも考えられます。
 一方でお客様相談室では、少数ではありながらも一定数は必ず存在する悪質なクレーマーへの対応を余儀なくされることもあります。その場合、悪質なクレーマーに揚げ足を取られぬよう、法的に誤りのない対応をとる必要があります。また、違法行為に及ぶ悪質なクレーマーに対しては、企業側が法的手法をもって対応せざるを得ない場合もあります。
 このように、お客様相談室の担当者は、ある程度の法的な知識を身につけておくことが求められます。
 そこで、本セミナーでは、お客様相談室の担当者が知っておくべき法的な知識を具体的な裁判例等を交えながら解説していきます。



T クレーマー対応総論
事例で学ぶクレーマー対応
・悪質な要求・対応に関する法的評価
・悪質なクレーマーに対する法的措置

U 契約とは
・説明義務
・消費者契約法

V 未成年者による契約

W 欠陥商品
・誤使用と欠陥
・表示と欠陥

X 損害賠償
・賠償すべき損害の範囲
・損害の評価
・具体的ケースでの検討

Y 個人情報の取扱い
・開示請求を受けた場合のケース別対応



吉新拓世氏
2003年 東京大学法学部卒。弁護士法人Martial Arts シニアパートナー弁護士。

著   書

「事例でわかる中小企業のための会社法Q&A」(共著・三修社)、「事例でわかる中小企業のための労務管理Q&A」(共著・三修社)、「労働事件使用者のための「反論」マニュアル」(共著・日本法令)、「戦略的少額債権回収マニュアル」(共著・日本法令)。


※録音・ビデオ撮影はご遠慮下さい。
主催 経営調査研究会
印刷用PDF 一覧に戻る

Copyright © KINYUZAIMU KENKYUKAI Co.,Ltd. All Rights Reserved.