「民泊ビジネスのコンプライアンス徹底解説」セミナーに参加して

2017/08/30
2020/03/14

演題:民泊ビジネスのコンプライアンス徹底解説

    ~賃貸借・旅館業法・民泊新法・民泊特区の各スキームの横断的検討~


日時:平成29年8月22日(火) 午後2時00分~午後5時00分

 

講師:蔵元左近(くらもとさこん) 氏 オリック東京法律事務所・外国法共同事業


    弁護士・米国ニューヨーク州弁護士


 https://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/291587.html

 

 

今回のセミナーでは民泊ビジネスに伴って求められる法的知識や課題について学ぶことができました。国内市場がシュリンクしていく中で、外国人観光客などのニーズを吸い上げることができる民泊ビジネスは利益を見込めるものとしてかなり期待されています。
しかしながら、法的規制が複雑化しているのもまた事実であり、リーガルオフィサーにはその概観を捉えた上で、適切な処置を図ることが求められています。

たとえば、住宅宿泊事業法(民泊新法)においては、民泊施設はホテルや旅館などの宿泊施設などではなく、あくまで「住宅」という位置づけになっており、また行政に届出を提出し、登録することが必要な旨、規定されています。


さらに近隣住民の方との兼ね合いなども含めて、想像以上に入り組んだ問題に対処しなければならないのです。


このようにして、民泊ビジネスの利点、留意点を包括的に学ぶことができるセミナーとなっていました。


                                            

法学部4年 インターン

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News