【景品表示法改正とウェブマーケティング】

2016/01/29
2016/01/29

2月17日(水)午後1時00分から「景品表示法改正とウェブマーケティング ~ガイドラインと事案から学ぶ表示管理体制~」というテーマでセミナーを開催します。
 講師は、弁護士法人 赤れんが法律事務所 パートナー 弁護士の野村 亮輔先生にお願いしています。

 インターネットでの広告宣伝活動は、現在の企業活動に欠かせないものとなっていますが、景品表示法は、景品表示に関する管理上の措置の明文化(平成26年6月)、課徴金導入(同11月)と重要改正が相次ぎました。具体的事案を見ても、27年2月には、23年3月以来47か月ぶりに1カ月7回(13社)の措置命令が発せられた他、裁判でも、27年1月にクロレラ事件京都地裁判決、同年4月にはS社への措置命令の執行停止など、注目すべき具体的事案が相次いでいます。また、27年4月には機能性食品制度、6月には地理的表示保護制度が始まり、表示関連の制度から目を離すことができない状況が続いています。

 このセミナーでは、高まる景品表示法リスクに対応するため、景品表示法の概説(改正部分含む)の後、ガイドラインと多くの過去命令事案を分析することにより、インターネット上のマーケティング活動を展開していく上での景品表示法上の注意点をわかりやすく解説いたします。

野村亮輔氏(弁護士法人 赤れんが法律事務所 パートナー 弁護士)
2月17日(水)13:00~16:00 ¥34,700
景品表示法改正とウェブマーケティング
~ガイドラインと事案から学ぶ表示管理体制~
  1.景品表示法における不当表示(概説)
  2.インターネット上の広告表示
  3.近時の問題
  4.過去の命令事案から学ぶ
  5.不当表示を起こさないために
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/280313m.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News