【「金融機関による反社対応の留意点」のセミナー開催】

2014/08/06
2014/08/06

 金融庁は、6月4日、反社会的勢力による被害の防止について改正監督指針を公表し、また、7月4日、金融モニタリングレポートを公表しました。 昨年の大手金融機関の行政処分事例や世論の流れに鑑みますと金融機関による反社対応・反社排除は喫緊の経営課題となっております。
 そこで当社では、8月22日(金)午後1時から、金融庁勤務経験があり、3桁にものぼる金融機関の反社取引を解消した実績がある岩田合同法律事務所パートナー 鈴木正人弁護士を講師にお招きし、金融機関の反社対応・反社排除をテーマとするセミナーを開催いたします。
 このセミナーの講義では、政府指針、(改正)監督指針、金融モニタリングレポート、裁判例、暴排条例、AML、グローバル対応などを踏まえて、反社対応において留意すべき事項を詳細に解説します。
 さらに、金融機関における態勢整備、入口、中間管理、出口での具体的論点など、実例を踏まえて金融機関が取るべき望ましい反社対応について、適切かつ重要なポイントをお話しいたします。

鈴木正人氏(岩田合同法律事務所 パートナー弁護士 (元)金融庁・証券取引等監視委員会事務局証券検査課  課長補佐、専門検査官)
8月22日(金)13:00~16:00 ¥34,600
改正監督指針及び金融モニタリングレポートの公表後における金融機関による
反社対応の留意点 ~実例を踏まえて~
 
  
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/261581om.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News