【立ち退き料評価の実務】

2013/10/01
2013/10/01

近年、都市中心部の良好な立地条件には老朽建物が多く、耐震問題、再開発、有効活用などの観点から建替え問題に直面しています。

また、2020年に控えた東京五輪に関連した用地の買い取りなども予想されます。

http://www.afpbb.com/article/sports/sports-others/sports-others-others/2968443/11357497 AFP BB)

リニア新幹線の路線、駅設置に際しても、同様に用地買い取りが予想されます。

このように、これから実務で多く直面する立ち退きに対して、どのように扱うべきかが重要になります。

土地の有効活用といっても、土地所有者の了承を引き出すのは、なかなか難しいです。
だからといって、いたずらに立ち退き料を増やすと事業を圧迫してしまいます。

正当な立ち退き料はどのあたりかといったポイントをおさえておくことが、今後の実務では必要とされます。

他社に先んじて、立ち退き料評価の実務を学んでみませんか?

一歩先をゆく実務知識をこの機会に蓄えましょう。

当社では、立ち退き料評価を学ぶセミナーをご用意しました。

詳細は、下記からご覧ください。

「立退料評価の実務」
平成25年10月22日(火)午後1時30分~午後4時30分


講師:島田博文
(一般財団法人日本不動産研究所
東京事業部 次長 不動産鑑定士)
みなさんのご参加をお待ちしております。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News