予備知識ゼロでも一日で習得できる「アクセス」セミナー

2012/06/15
2012/06/15

○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○
予備知識ゼロでも一日で習得できる「アクセス」セミナー

6月22日(金)午前10時00分~午後5時15分まで

「第19回 ゼロからのスタート
一日で習得する「アクセス」
— Access 2003、2007、2010対応 —」

と題するでセミナーを開催致します。
講師は、株式会社M・Yシステムサポート 代表取締役
金融財務研究会 専任インストラクターでもいらっしゃる
綿田美樹氏にお願い致しました。

「アクセス」養成講座では、アクセス未経験の方でもゼロから学んでいただき、すぐにビジネスに活用できるよう指導します。

エクセル・VBAなどよく分かる指導でおなじみの綿田美樹インストラクターによる
「アクセス」一日コースは、今回で19回目の開催です。
前回受講された方の感想を当社のホームページに掲載しておりますので、ご覧ください。
一度学習すればビジネスにすぐ役立つ「アクセス」一日養成コースに、
皆様のご参加をお奨めします。

6月22日(金)10:00~17:15

「第19回 ゼロからのスタート
一日で習得する「アクセス」
— Access 2003、2007、2010対応 —」
綿田美樹氏(株式会社M・Yシステムサポート 代表取締役
金融財務研究会 専任インストラクター)

第1章 アクセスの基本
第2章 テーブル
第3章 クエリ
第4章 フォーム
第5章 レポートの作成 
第6章 リレーションシップ
第7章 その他

受講費:\38,600

中国における商業賄賂と米国FCPAのコンプライアンス実務

6月22日(金) 14:00~17:00 まで 

「反賄賂の世界的潮流からみた日本企業の賄賂問題 ~中国における
商業賄賂と米国FCPAのコンプライアンス実務~」

と題するセミナーを開催致します。
講師は、北京市金杜法律事務所 中国弁護士 中国政法大学大学院
特任教授の劉 新宇氏と北浜法律事務所 パートナー弁護士・ニューヨーク州弁護士の
生沼寿彦氏にお願い致しました。
本回は、北京市金杜法律事務所さんと北浜法律事務所さんのご協力により、
大変珍しいジョイントセミナーが開催の運びとなりました。

中国やアメリカと関係の深い企業からのご要望が高い、「賄賂問題」にフォーカスしつつ、中国法・米国法の観点から、長年にわたって本テーマと関わる実務に携わり、
「国際商事法務」などの法律専門誌に論文を発表するなど
研究にも熱心な中国法のコンプライアンス専門家及び米国法の専門家を講師に迎え、
これらの国々の法制度、実務のほか、その変化の方向性、
商業賄賂の予防・対応策の確立などにつき、ケーススタディ方式で
わかりやすく解説して頂きます。

法務部員として日が浅い方には、知識の習得や理解を深めるために、
ある程度の経験がある方には、再確認するためにご参加ください。
具体的な契約書の事例や、法令上の記載事例を検討しながら、整理・確認していきます。

6月22日(金)14:00~17:00 

【大阪開催】
【ケーススタディ】
「反賄賂の世界的潮流からみた日本企業の賄賂問題
~中国における商業賄賂と米国FCPAのコンプライアンス実務~」
劉 新宇氏(北京市金杜法律事務所 中国弁護士
中国政法大学大学院 特任教授)
生沼寿彦氏(北浜法律事務所・外国法共同事業パートナー弁護士)

1 劉 新宇氏
(1)中国「商業賄賂」に関する法的問題
(2)商業賄賂摘発の最新動向と近年注目を集めた多国籍企業の事例
(3)実務問題ピックアップ
(4)商業賄賂調査への対応策と日常経営における商業賄賂の防止策
2 生沼寿彦氏
(1)中国「商業賄賂」との比較でみた米国のFCPAの成立要件の再整理
(2)上記1から導かれる実務的示唆
(3)商業賄賂・FCPA双方を念頭に置いたコンプライアンス・プログラムのあり方
3 日中米の状況に関するDiscussionと質疑応答

受講費¥20,000
http://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/241185om.html

大阪開催:第二種金融取引業者がおさえるべき検査対応の基本

【大阪開催!!! 特別割引料金20,000円】

6月22日(金) 15:00~18:00 まで

「検査・監督もこわくない! 
第二種金融取引業者がおさえるべき検査対応の基本 
~態勢整備から社内規則・法定帳簿作成の実務~」

と題するセミナーを開催致します。
講師は、「信託受益権売買業の為の法務と実務」セミナーの講師でお馴染みの
北浜法律事務所・外国法共同事業弁護士 堀野桂子氏と同行政書士 本岡佳小里氏にお願い致しました。

平成24年2月15日に、勧誘説明態勢や、顧客カード等の作成につき
金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針が改正されているとおり、
金融市場の変動を受けて、規制は年々改正が重ねられており、
第二種金融商品取引業者はこのような改正に適宜対応する必要があります。
他方で、金融商品取引法や監督指針による規制は複雑であり、
特に新規参入をされた方には、その理解が難しいところでもあろうかと思います。

本セミナーでは、第二種金融商品取引業に求められる態勢、
広告や勧誘に関する各種禁止行為など基本的な行為規制とその対応、
態勢整備のための各種社内規則や法定帳簿の作成実務などに至るまで、
弁護士の講師と行政書士の講師それぞれの観点から、
実務に即してわかりやすく解説いたします。

6月22日(金)15:00~18:00

「検査・監督もこわくない!
第二種金融取引業者がおさえるべき検査対応の基本
~態勢整備から社内規則・法定帳簿作成の実務~」

堀野桂子氏(北浜法律事務所・外国法共同事業 弁護士)
本岡佳小里氏(北浜法律事務所・外国法共同事業 行政書士)

1 はじめに 
(北浜法律事務所・外国法共同事業
パートナー弁護士 中森 亘氏)
2 第二種金融商品取引業者のあるべき姿
3 第二種金融商品取引業の行為規制
4 社内規則作成の実務
5 法定帳簿作成の実務
6 第二種金融商品取引業者に対する行政処分

受講費:¥20,000
http://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/241189om.html

ビジネス・デューデリジェンスのノウハウ、応用編

6月22日(金) 15:00~18:00 まで

「(応用編)M&Aで失敗しないビジネス・デューデリジェンス
~クロスボーダーM&A、国内の業界再編に伴うM&A事例~」

と題するセミナーを開催します。
講師には、アビームM&Aコンサルティング
(株)ヴァィスプレジデントの川口裕人氏にお願いしました。
これまでの基礎編に続いて、より実践的な応用編がいよいよ始まります。
これまでの基礎編の受講者の方々はもちろん、今回が初めてという方でも、
少しの実務経験と関心さえお持ちなら、明日からすぐにも役立つ新しい情報がたくさん得られる構成にしています。

今回のセミナーでは、中堅中小企業から大企業まで数多くのM&Aに関与した経験に基づいて、
M&Aで一番大事なビジネス・デューデリジェンスを成功させる実践的なノウハウを
川口氏が具体的に解説します。



6月22日(金)15:00~18:00 

「〈応用編〉M&Aで失敗しないビジネス・デューデリジェンス
~クロスボーダーM&A、国内の業界再編に伴うM&A事例~」
川口裕人氏(アビームM&Aコンサルティング(株)ヴァイスプレジデント)

1. 近年のM&A動向とM&Aの失敗要因
2. クロスボーダーM&AとビジネスDD
3. 国内企業の業界再編に伴うM&AとビジネスDD
4. 買収後の事業会社に立ちはだかる壁と取るべき対応策
~質疑応答~

受講費:¥34,200
http://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/241187om.html

○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○

その他のセミナーの詳細および受講お申し込み方法等につきましては、当社下記ホームページをご覧下さい。

http://www.kinyu.co.jp/seminar.html

******************
株式会社金融財務研究会・経営調査研究会
〒103-0025中央区日本橋茅場町1-10-8 4F
TEL:03-5651-2030FAX:03-5695-8005
E-MAIL:seminar@kinyu.co.jp

******************

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News