5月22日(火)に開催されるセミナーの告知です!

2012/05/08
2012/05/08

【テーマ】

    種類株式の実務上のニーズと留意点
    ~発行体、引受先その他関係者間のそれぞれの視点から~

【日時】
5月22日(火) 15:00~18:00

【講師】

    若林 剛(わかばやしこう) 氏
    長島・大野・常松法律事務所 パートナー 弁護士

    佐々木 修(ささきしゅう) 氏
    長島・大野・常松法律事務所 弁護士


【会場】
金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)

【構成】

-最近の実務動向

-種類株式を利用することのメリット及びデメリット
○ 追加融資、社債発行及び普通株式発行との比較
○ 発行体、引受先及びその他関係者間のメリット及びデメリット

-商品設計のタイプ
○ 転換型種類株式
○ 社債型種類株式
○ 両方の性質を有する種類株式(ハイブリッド型)

-種類株式を発行するに際して必要となる手続き、留意点
○ 会社法、金融商品取引法、上場規則等
○ MSCB等
○ 大量保有報告書の提出及び開示範囲

-引受先による投資後の会社経営への関与形態
○ 他の投資方法との間の異同
○ 引受契約上の留意点

-引受先によるExit
○ 引受先によるExitが予定されている場合とそうでない場合
○ Exitが予定されている場合の投資・Exitスキーム
○ インサイダー取引規制下での注意点

~質疑応答~


もっと詳しく内容を知りたい方は

【参加費】

     34,700円(お二人目から29,000円)
     (消費税、参考資料を含む)


【参加方法】

 よりお申し込みください。

【お問い合わせ】
seminar@kinyu.co.jp または03-5651-2033 までご連絡ください。

経営調査研究会

     http://www.kinyu.co.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News