5月11日(金)に開催されるセミナーの告知です!

2012/04/27
2019/08/10

【テーマ】

    英文契約の注意点
    仕込まれる“罠”の実践的研究
    ~中上級者向け~
 

【日時】
2012年5月11日(金) 14:00~17:00

【講師】
熊木 明(くまきあきら) 氏

    スキャデン・アープス法律事務所  弁護士 


【会場】
金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)

【構成】

1 総 論
(1) 英米法契約における記載文言重視

(2) 英文契約で日本法を準拠法とした場合にはどうなるのか?

(3) その他

2 各 論
(1) Indemnity条項における罠
“Indemnify及びhold harmlessに加えて「defend」の文言を
加えてしまってよいのか”等、普段注意されていない補償責任
規定における罠の検証。

(2) Representation and Warrantyにおける罠
“「買主は、契約時において、売主の表明保証違反の事実を
知らない」という規定(Anti-sandbagging規定)を受け入れても
よいのか”等表明保証責任の効果を減殺する罠の検証。

(3) 一般条項における罠
Entire Agreement Clause, Third Party Beneficiary Clause等に
おける無害そうな文言追加とその罠の検証。

(4) Condition Precedentにおける罠
Condition Precedentの意味/M&A契約以外での利用方法/
罠の検証

(5) ドラフト上仕組まれる罠
定義を利用して意味を変更する/reasonable等の副詞・形容詞の
利用

(6) その他

~質疑応答~


もっと詳しく内容を知りたい方は
https://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/240887.htmlへ

【参加費】
34,700円(お二人目から29,000円)

     (消費税、参考資料を含む)      


【参加方法】
https://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/240887.html
よりお申し込みください。

【お問い合わせ】
seminar@kinyu.co.jp または03-5651-2033 までご連絡ください。

経営調査研究会

     https://www.kinyu.co.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News