「10の事例で実践ノウハウを解説、事業会社のCVCファンド実務」(2018.11.13)セミナーについて

2018/11/14
2020/03/14

セミナースタッフの吉田です。

昨日(11月13日)は「10の事例で実践ノウハウを解説、事業会社のCVCファンド実務」にご参加をいただいた皆様、ありがとうございました!!講師は以下の先生方でした。

講師 木下万暁(きのしたまんぎょう)氏
サウスゲイト法律事務所・外国法共同事業 弁護士・カリフォルニア州弁護士 

講師 茂木香子(もぎきょうこ)氏
サウスゲイト法律事務所・外国法共同事業 弁護士

世界のCVCの動向、以下のようなケーススタディを通じてCVC投資を行う事業会社
が留意するべき論点と対応策が解説されました。

事例1:ファイナンシャルリターンと戦略的投資のどちらに重点を置くべきか?

事例2:投資の意思決定がいつも間に合わない。どう動けばよいか。

事例3:投資したものの投資先の情報が入ってこない。

事例4:投資後に進める約束だった業務提携が進まない。

事例5:業務提携した投資先が競合他社に買収された。その時どう動く。

事例6:一緒に投資する他社が法務DDは不要と言っている。本当に不要?

事例7:取締役派遣後、投資先が訴訟に巻き込まれた。何をすべきか。

事例8:投資先が行方不明だが倒産もしない。保有株はどうする。

事例9:投資先のマネーロンダリングが発覚。どう説明する。

事例10:日本法を無視する海外ファンドへのLP投資。どう考えるべきか。

最後に講師と受講者の皆さんとで熱心な質疑応答が行われました。

今回の講演が、皆さまの役に立つことを祈っています。

https://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/302147.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News