「初心者のための契約実務」セミナーについて

2018/11/15
2020/03/14

講師 縫部 崇(ぬいべたかし)氏
丸の内総合法律事務所     弁護士

昨日(11月14日)は「初心者のための契約実務~基礎から書式例を用いた解説まで~」
にご参加をいただいた皆様、ありがとうございました!!

 このセミナーでは、契約書の基礎を学習しました。  
会社で日常的に扱っている契約書ですが、改めて考えてみると、
契約書の有する意義や具体的な条項の意味、その他契約書に関連する
基礎的な事項を十分理解しないまま業務を行っている場合も多いのでは
ないでしょうか。

日常使う用語でも、法律上では意味が限定される言葉、例えば「欠陥」、「悪意」
「みなす」と「推定」の違い、などが説明されました。

また、サンプル契約書の使用上の注意、2020年の民法改正による影響
なども一部ですが解説がありました。

今回は、日常業務の中でよく用いられる取引基本契約、秘密保持契約に
ついて、書式例を用いながら、契約締結上の留意点を、より実践的な観点
から解説されました。

最後に講師と受講者の質疑応答が行われました。

受講者から「海外との契約書でPDFで届いた契約書に電子署名を求められること
があるがどう対応すればよいか」との質問がありました。

海外との取引が増えれば、契約書の電子化も必要になります。
現在、フィンテックが話題になっていますが、契約書の
作成、運用もIT化が進むのかもしれません。

今回のセミナーが、皆様のお役に立つことを祈っています。

https://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/302155.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News