金融財務研究会TOP > セミナー一覧 > 海外進出セミナー > 【現地報告】ベトナム投資のリーガルリスク

特別料金

<ご好評につき大幅リニューアルして再々演>

【現地報告】ベトナム投資のリーガルリスク

~新規投資・事業展開に対する外資規制の実際~

日時: 平成30年12月20日(木)午前9時30分~12時30分
会場: 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
受講費: 20,000円(お二人目から18,000円)
(消費税、参考資料を含む)

講師 小幡葉子(おばたようこ) 氏
TMI総合法律事務所ハノイオフィス
日本国弁護士 ベトナム外国弁護士

 ベトナムに進出した日系企業の間では、法制度・外資規制がわかりにくい・すぐに変わる、という不満が強く、投資環境の改善要求リストの上位にあげられています。
 本セミナーでは、ベトナム法を理解するための基本的な視点をおさえながら、ベトナム進出及びその後の事業展開における外資企業の法的リスクを具体的に検討します。

Ⅰ.ベトナムへの新規投資をめぐるリーガルリスク
1.ベトナム現法の新規設立
 (1)外資規制-WTOコミットメントと国内法令
 (2)ベトナム投資法
 (3)進出形態の選択-駐在員事務所・現地法人・BCC、有限会社と株式会社
(4)投資登録証明書と企業登録証明書
2.ベトナム企業の買収
 (1)企業買収のプロセス
 (2)企業買収登録
3.業法上のライセンス

Ⅱ.ベトナム進出後の事業展開をめぐるリーガルリスク
1.事業拡張
2.雇用・出向・労務
3.不動産-外資企業の土地使用・外国人の住宅取得
4.担保・債権回収
5.商標・意匠・キャラクターの冒用
6.職務発明・職務著作
7.海外送金・海外ローン
8.貸金業・支払仲介サービス
9.コンプライアンス
10.競争法
11.撤退

Ⅲ.ベトナムの法・司法制度の現状
1. 法令の制定・施行
 (1)法律・政令・通達の制定過程
 (2)ベトナム法令の解釈
 (3)行政制裁処分
2. 司法制度
 (1)裁判所における訴訟
 (2)仲裁-国内仲裁と外国仲裁
 (3)ベトナム弁護士・外国弁護士

【講師紹介】
略歴:
1985年3月 東京大学法学部第一類卒業、1992年4月 東京弁護士会登録、雨宮眞也法律事務所勤務、2006年7月 東京地方裁判所民事調停委員、2007年4月 法務省東京法務局訟務部 部付、2009年5月 JICA(国際協力機構)ベトナム法・司法制度改革支援プロジェクト長期専門家としてベトナム社会主義共和国ハノイ市へ派遣、2011年4月 白鷗大学法科大学院教授、TMI総合法律事務所入所、2013年4月 TMI総合法律事務所ハノイオフィス駐在(~現在)。
専門分野:
企業法務、ベトナム法
主要著書等:
「債権回収に関するアジア各国の法制度」(共著)金融法務事情2014年02月10日号、
「アジア諸国における商号の保護(その3)」(共著)知財管理2014年07月号、
「ベトナムの不動産鑑定-法制度および実情-」(共著)季刊不動産研究2014年秋号、
「ベトナム最新法務事情」(週1回連載)時事速報ベトナム。

※録音・ビデオ撮影はご遠慮下さい。
主催 経営調査研究会
印刷用PDF 一覧に戻る

Copyright © KINYUZAIMU KENKYUKAI Co.,Ltd. All Rights Reserved.