金融財務研究会TOP > セミナー一覧 > 外国籍プライベート・エクイティ・ファンド投資契約書の主要条項解説≪初・中級編≫

毎回好評

外国籍プライベート・エクイティ・ファンド投資
契約書の主要条項解説
≪初・中級編≫

〜リミテッド・パートナーシップ契約とサブスクリプション契約〜

日時: 2019年5月13日(月)午後2時00分〜午後5時00分
会場: 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
受講費: 34,800円(お二人目から29,000円)
(消費税、参考資料を含む)

講師 大橋宏一郎(おおはしこういちろう)氏
GT東京法律事務所
(グリーンバーグ・トラウリグ法律事務所・東京事務所)
パートナー弁護士

 従前より外国籍ファンドへの投資に関する解説は行ってきたが、その際の解説の主眼は、外国籍ファンド投資に潜むリスクや最新のファンド・ストラクチャー等、ファンド一般にかかる総論的な解説が多かった。
 しかし、ファンド投資契約書の各条項の解説を望む声は根強く、特に、契約に特殊性の強い、プライベート・エクイティ・ファンドにかかる投資契約書については、主要な各条項について解説を加えることの重要性を感じ、上記総論に加え、プライベート・エクイティ・ファンドへの投資にかかるリミテッド・パートナーシップ契約およびサブスクリプション契約の主要各条項の解説に時間を割いて解説することとしたい。
 さらに、近時の金商法改正が、プライベート・エクイティ・ファンドにかかる投資契約書のレビューに与える影響についても触れ、あわせて、最近の実務上問題となった点についても触れることとしたい。

1.総論:外国籍PEファンド投資にかかる法的留意点
a.外国籍PEファンドの種類、法域
b.米・EUの近時法制
c.外国籍PEファンド投資に関する国内法令
d.外国籍PEファンド投資に関する近時の改正法、判例、etc.


2.各論:外国プライベート・エクイティ・ファンド投資に係る契約書類
a.外国籍リミテッド・パートナーシップ契約
 (1) 定義
 (2) キャピタル・コントリビューション
 (3) 投資対象
 (4) 分配
 (5) GPの権原
 (6) LPの有限責任性
 (7) 存続期間、etc.
b.サブスクリプション契約
 (1) 申込み合意
 (2) 表明保証
 (3) 誓約
 (4) 補償
 (5) ERISA文書
c.サイドレター、etc.

〜質疑応答/ディスカッション〜

【講師紹介】
慶應義塾大学法学部、コロンビア大学ロースクール卒業、ホワイト&ケース東京よりGreenberg Traurigへ2015年1月より移籍。国内外の銀行、証券、投資顧問等の金融機関に対する金融関連法に関するアドバイス、国内外のファンド組成、証券化取引、エクイティ・ファイナンス、M&Aファイナンス取引、デリバティブ取引等の各種金融関連取引に関与。なお、同事務所はAsia Asset Management誌より、2011年度 "Best Alternatives Law Firm" 賞を受賞。
近著として「Q&A 投資事業有限責任組合の法務・実務」(税務経理協会、10年3月)、「ファンドマネジャー税制改革で PEリスクが解消」(金融財政事情、08年8月)、連載「金融商品取引法とファンドビジネス」(金融財政事情、07年12月〜)。

※録音・ビデオ撮影はご遠慮下さい。
主催 金融財務研究会
印刷用PDF 一覧に戻る

Copyright © KINYUZAIMU KENKYUKAI Co.,Ltd. All Rights Reserved.