金融財務研究会TOP > セミナー一覧 > 海外進出セミナー > ベトナム税務の徹底解説

ご好評につき再演

ベトナム税務の徹底解説

〜現地法人による進出、
輸出のみなど形態別に日本・ベトナム税務の留意点を
日本の公認会計士とベトナム国税理士が日本語で解説〜

日時: 2019年6月13日(木)午後2時00分〜午後5時00分
会場: 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
受講費: 34,400円(お二人目から29,000円)
(消費税、参考資料を含む)

講師 八鍬幸平(やくわこうへい)氏
東京共同会計事務所
日本国公認会計士

講師 Vu Thi Phuong Linh(ヴティフォンリン)氏
東京共同会計事務所
ベトナム国税理士

 急速な発展を遂げるベトナム。日系企業の進出も相次いでいます。マーケットとして有望であることは間違いないのですが、海外進出時に忘れてはならないのが現地税制の把握です。近年のベトナムでは、これまでの外資優遇の税制を拡充させる一方で、課税強化の側面も存在します。
 本セミナーでは、現地ベトナムの税理士より最新の現地税制を解説すると同時に、日本側での国際税務の論点についても紹介します。ベトナム現地税制については、法人税・個人所得税・付加価値税(VAT)について触れるほか、ベトナム特有の外国契約者税の考え方及び対策、さらには輸出における関税減免についても徹底解説したうえで、日本親会社からの立場もコメントします。既にベトナム現地に法人がある日系企業だけでなく、ベトナムへの輸出のみ行っている企業様にも有益なセミナーとなっていますので、この機会に是非ご参加ください。

1.国際税務の全体像

2.ベトナム現地法人を有しない日系企業が直面する現地税務
2-1.輸出に係る税務
2-2.子会社設立時の税務
2-3.現地企業買収時の税務

3.ベトナム現地法人を有する日系企業の現地税務
3-1.駐在員に係る税務
3-2.出張者に係る税務
3-3.日本親会社としての管理と税務問題

【八鍬幸平 氏】
一橋大学商学部卒業。監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入社中小企業・ベンチャー企業の株式公開支援、内部統制構築支援、会計監査及びそれに付随したコンサルティング業務を行う。 2012年より東京共同会計事務所にて勤務。国際税務(移転価格及びグローバルな間接税含む)や国際会計基準・米国会計基準適用に関するアドバイザリー、株式及び債権(債券)の価値評価業務、財務デュー・ディリジェンス業務、会計監査業務、内部統制構築に関する支援 等国際税務サービスの一つとして、グローバル・サプライ・チェーン・マネジメント(GSCM)サービスを提供しており、関税・間接税コストの削減に係るコンサルティングを実施。GSCMサービスの一環として、EPA活用マニュアルの作成、特定原産地証明制度の利用度診断、各国の関税及びその他間接税の税率調査、原産地証明を取得して関税削減を達成した場合のコストシュミレーション、といった業務に従事。
【Vu Thi Phuong Linh 氏】
ハノイ貿易大学・一橋大学大学院経済学研究科卒業。ベトナム国税総局に入所、租税条約を中心に国際税務を従事し、日本の大学院を卒業した後、日本の税理士法人フェアコンサルティング及びベトナムプライスウォーターハウスクーパース税理士法人で事業開拓、関税サポート等への関与を経て東京共同会計事務所に入所。国際税務サービスの一つとして、グローバル・サプライ・チェーン・マネジメント(GSCM)サービスを提供、関税・間接税コストの削減に係るコンサルティングを実施。ベトナムで培った幅広い人脈を活かし、日本企業のベトナム進出に係る国際税務(ベトナム内国税を含む)支援、ベトナムおよびアセアン諸国への輸入に係る関税法および通関に係るコンサルティング、ベトナムに関わるM&A案件を担当。

※録音・ビデオ撮影はご遠慮下さい。
主催 金融財務研究会
印刷用PDF 一覧に戻る

Copyright © KINYUZAIMU KENKYUKAI Co.,Ltd. All Rights Reserved.