ご好評につき再演5回目

「財務諸表」を読むスキルを一日でマスター!

〜数字で物事を判断する「会計思考力」を体得〜

開催日時 2019年6月18日 (火) 10:00〜17:00
講師

川口宏之氏
公認会計士

受講費 38,200円 (お二人目から33,000円)
(消費税、参考資料を含む)
開催地 グリンヒルビル セミナールーム(3階・4階)
(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
概要  財務諸表は会社の実態を表す羅針盤です。そのため、財務諸表を読むスキルはすべてのビジネスパーソンにとって必須のスキルです。優秀なビジネスパーソンはほぼ例外なく、数字で物事を判断する「会計思考力」を身につけています。
 本セミナーでは、財務諸表を図に置き換えて分析する手法をもとに、実在する有名企業の財務諸表をケーススタディとして演習を行いますので、単なる知識詰め込みではなく、実践で直接役立つ会計スキルが身につくようになります。また、近年、注目を浴びているキャッシュ・フロー経営やIFRSについても、分かりやすくお伝えします。
 会計知識に不安がある方や、会社の数字に苦手意識のある方に、特におススメのセミナーです。
 【※電卓をご持参下さい。】
セミナー詳細 1.イントロダクション
(1)「会計思考力」が求められる社会的背景
(2)会計スキルを身につけるメリット
(3)効果的に会計スキルが身につく「黄金の2ステップ」

2.財務諸表の基礎知識
(1)「財務諸表」を読めばビジネスが見えてくる
(2)「財務諸表」は企業と利害関係者を結ぶコミュニケーションツールである
(3)ここが基本!財務3表の基本構成

3.貸借対照表(B/S)
(1)貸借対照表を図で理解しよう
・3つに分けてスッキリ見やすく
・業種が違えば見方も違う
(2)実在企業の貸借対照表で分析してみよう
【ワーク】
・絶好調の「K社」と瀕死の「T社」

4.損益計算書(P/L)
(1)損益計算書を図で理解しよう
・5つの利益を押さえろ
・P/L から見えるビジネスモデルの違い
(2)実在企業の損益計算書で分析してみよう
【ワーク】
・「N社」は復活したと言えるか?
・「C社」の赤字の本質を理解せよ

5.キャッシュ・フロー計算書(C/F)
(1)キャッシュ・フロー計算書を図で理解しよう
・3つのC/F とは?
・C/F で会社の実態を浮き彫りにする
・フリー・キャッシュ・フローの算出方法と活用方法
(2)実在企業のキャッシュ・フロー計算書を使った分析
【ワーク】
・優良企業の典型パターンとは?
・事業の選択と集中を行ったら?
・勃興前のベンチャーの姿とは?

6.財務3表相互のつながり
(1)B/SとP/Lをつなぐもの
(2)B/SとC/Fをつなぐもの
(3)儲かっている会社と損している会社の財務諸表を動的に捉える

7.キャッシュ・フロー経営
(1)ビジネスの流れを把握する「取引フロー図」
(2)利益とキャッシュの違い
(3)ビジネススキームに潜む3つのリスク
(4)黒字倒産はこうして起こる
(5)資金繰りを改善する3つの方法

8.国際財務報告基準(IFRS)
(1)IFRSとは?
(2)最近のIFRSの動向と今後の流れ

【講師紹介(かわぐちひろゆき氏)】
2000年より、国内大手監査法人である監査法人トーマツにて、主に上場企業の会計監査業務に従事。2006年、国内大手金融グループ系証券会社にて、新規上場に伴う引受審査業務に従事。2008年、それまでの経験を活かし、ITベンチャー企業の取締役兼CFOに就任。ベンチャーキャピタルからの資金調達、株式交換による企業買収などで成果を上げた。その後、独立系の会計コンサルティングファームのジャパン・ビジネス・アシュアランス株式会社にて、決算支援業務やバックオフィス支援業務、各種セミナー講師等を担当する。独自の図を用いた会計セミナーが、知識ゼロのビジネスパーソンから「財務諸表が簡単に読めるようになった」と評判。セミナーの満足度は毎回90%を超える。
著書に『決算書を読む技術』『決算書を使う技術』(共に、かんき出版)、『いちばんやさしい会計の教本』(インプレス)がある。プレジデントオンラインにて『ニュースな会社 会計のウラ側』を連載中。

※録音・ビデオ撮影はご遠慮ください。


主催 金融財務研究会

提供図書 講師著『決算書を読む技術』(かんき出版 税込1,512円 2013年1月刊行)をテキストとして使います。
備考 ※書籍ご持参の方は、1,200円引き(店頭販売価格とは異なります)となりますので、お申し込みフォーム質問欄にご記入ください。
※昼食は11:40〜12:40の間に各自でお取り願います。
お申込みはこちら

必要事項をご入力の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。