Python3ではじめるシステムトレード(短期トレード入門:日曜午後)

◇セミナーは午前と午後の部に分かれています。午前午後の両講座の同時お申し込みの場合は49800円の特別料金となります。◇

開催日時 2019年6月23日 (日) 13:30〜17:00
講師

森谷博之氏
Quasars22 Private Limited(Singapore) Director,MBA,MBA,MSc,中央大学商学研究科兼任講師 中央大学企業研究所客員研究員

(もりやひろゆき氏)Quasars22 Private Limited(Singapore),Director,MBA,MBA,MSc,中央大学商学研究科兼任講師、中央大学企業研究所客員研究員。主な論文に「金融市場の安定、多重性の増加、取引戦略の役割」企業研究第30号(2016年3月)、「シンガポールの金融ビジネスの可能性とそれを支えるシステム」企業研究第29号(2015年8月)がある。主な訳書に「シュワッガーのテクニカル分析」(1999、パンローリング)、「物理学者ウォール街を往く」(2005、東洋経済新報社)。

受講費 35,000円 (お二人目から30,000円)
(消費税、参考資料を含む)
開催地 グリンヒルビル セミナールーム(3階・4階)
(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
概要  短期トレードでは損切と利食いが戦略のかなめです。この判断を統計学を用いて行う方法について学んでいきます。本セミナーでは、ティックデータを解析して取引戦略を構築することに挑みます。
セミナー詳細 午後の部:13:30-17:00

1.システムトレードに必要な統計学

2.トレンドの把握

3.損切りと利食いのタイミング

4.取引戦略の構築

演習:トレード戦略を複数銘柄、複数市場で試すことは必要か?
*演習の内容は参加者が提案することも可能です。午前・午後の知識を用いて解決策を
探すのが目的です。

(学習ライブラリ: pandas-datareader、pandas、numpy/scipy、statsmodels、atplotlib、 monthdelta、datetime)


ノートブックパソコンは持ち込みが原則です。
PCには事前にanacondaがインストールされている必要があります。参考プログラムコードはWindows 10で動作確認をしています。また、Windows 10以外ではMacとLinuxの使用が可能です。OSは申し込みの際にお知らせください。また、anacondaのインストールに問題がある場合にはご連絡ください。Eメールにて対応させていただきます。

参考文献:
『Python3ではじめるシステムトレーディング ‐環境構築と売買戦略』(パンローリング㈱)
Quantaized price volatility model for transaction data(Evolutionary and Institutional Economic Review)


※録音・ビデオ撮影はご遠慮ください。


主催 金融財務研究会

備考 ◇セミナーは午前と午後の部に分かれています。午前午後の両講座の同時お申し込みの場合は49800円の特別料金となります。◇
お申込みはこちら

必要事項をご入力の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。