ご好評によりリニューアル再々演

コンプライアンス担当者養成講座

〜最新動向を踏まえたコンプライアンス体制の構築と見直し〜

開催日時 2019年7月10日 (水) 13:30〜16:30
講師

深水大輔氏
長島・大野・常松法律事務所 弁護士

(ふかみずだいすけ氏) 2008年長島・大野・常松法律事務所入所。2012年公認不正検査士資格取得。2015年に英国King’s College LondonにてEU競争法を学び、その後、Kirkland & Ellis LLPのシカゴオフィスにて、米国独禁法やFCPAを含むWhite Collar Crimeの分野を中心とした1年間の研修を経て、2016年10月帰国。主に危機管理・企業不祥事対応、コンプライアンス、独禁法、金融レギュレーション等を取り扱っている。信州大学特任准教授。

受講費 34,400円 (お二人目から29,000円)
(消費税、参考資料を含む)
開催地 グリンヒルビル セミナールーム(3階・4階)
(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
概要  企業の不祥事・コンプライアンス違反が相次ぐ中、企業が対処すべきコンプライアンス・リスクは、ますます国際化・高度化・高額化しています。人的・物的資源が限られている日本の法務・コンプライアンス・内部監査部門において、担当者は、どのように「今、自社に求められているコンプライアンス体制」を実現すればよいでしょうか?どのようにして経営陣にリスク判断を促し、その判断に基づく全社的なコンプライアンス施策を実施すればよいでしょうか?また、他社の担当者はどのようなコンプライアンス施策を検討・実施しているのでしょうか?
 本セミナーにおいては、製造現場におけるデータ改ざん問題を含む近時の企業不祥事の分析、日本版司法取引の1号・2号案件に対する分析、積極的な姿勢を見せている海外当局の執行活動のトレンド、昨年2月に米国司法省が公表した「企業コンプライアンス・プログラムの評価」の解説と活用法、リスクベース・アプローチに基づくコンプライアンス施策の優先順位付け、経営陣とのコミュニケーションや他部署を巻き込む際の工夫などについて、講師の国内外での案件を通じた体験談を織り交ぜながら、ディスカッションを行うとともに、後半では、架空想定事例に基づき、具体的な対応策を検討します。

セミナー詳細 第一部 国内外のコンプライアンス環境(約70分)
1.製造現場におけるデータ改ざん問題
2.スルガ銀行シェアハウス不正融資事件と役員責任
3.「不祥事予防のプリンシプル」の有効活用
4.内部通報制度の実効性向上と認証制度の利用
5.日本版司法取引(合意制度)への備え
6.米国司法省(DOJ)の執行リスクとグローバル型不正調査

第二部 「今、自社に求められているコンプライアンス体制」を実現する工夫(約30分)
1.ガバナンスとコンプライアンスの一体的理解
2.リスクベース・アプローチとその具体的手法

第三部 架空想定事例の検討(約1時間)
※以下のトピックを扱う予定です。
・コンプライアンスアンケートを通じた通報
・匿名通報に基づく調査
・パワーハラスメント
・働き方改革とそのリスク
・子会社でのデータ改ざん

※録音・ビデオ撮影はご遠慮ください。


主催 経営調査研究会

お申込みはこちら

必要事項をご入力の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。