【対中投資新時代】外商投資法がもたらすチャンスとチャレンジ


開催日時 2019年7月22日 (月) 13:30〜16:30
講師

孫 彦氏
中倫律師事務所 東京オフィス パートナー 中国弁護士

受講費 34,500円 (お二人目から29,000円)
(消費税、参考資料を含む)
開催地 グリンヒルビル セミナールーム(3階・4階)
(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
概要  注目されていた「外商投資法」が2019年3月15日第十三回全国人民代表大会第二次会議の閉会日に可決され、2020年1月1日より施行されることとなりました。これに伴い、いわゆる“三資企業法”(「中外合弁経営企業法」、「外資企業法」及び「中外合作経営企業法」)は、廃止されます。これは、外国資本による中国に対する投資の一つの時代(改革開放から40年)の終わりと、新たな時代の幕開けを意味するものであると評され、中国国内外で注目を集めております。
 そこで、本セミナーでは、現地で活躍中の中国弁護士が実例を挙げて、外商投資法がもたらすチャンス(ビジネス機会)とチャレンジ(外商投資法の課題)を紹介します。また、実際に経験した日中間の合弁事例を踏まえて、合弁企業の設立、運営及び紛争解決における留意点についても解説致します。
セミナー詳細 1.外商投資法の立法背景

2.外国投資法から外商投資法へ

3.外商投資法の主な内容
(1)投資促進策
(2)投資保護策
(3)投資管理策
(4)相次ぐ現行法令に対する修正

4.中国における知的財産権の保護
(1)技術ライセンスにおける留意点
(2)営業秘密の保護

5.中外合弁に関する留意点
(1)合弁スキームに対する影響
(2)既存合弁契約の修正
(3)対中投資の新戦略

【講師紹介 (そんげん氏)】
2006 年北京大学大学院卒業、2013年〜2014年ワシントン大学ロースクール客員研究員。日本の大手法律事務所にて10年以上の実務経験を積み、2018年11月から中倫外国法事務弁護士事務所(中倫法律事務所東京オフィス)のパートナー就任。M&A、外商投資企業の破産・清算、中国現地法人の不祥事対応や危機管理、コーポレートガバナンス等、企業法務全般を取り扱っている。
2007 年から独立行政法人中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー/海外販路開拓支援アドバイザー。
【主な著書・論文】
「中国ビジネス法務の基本がよ〜くわかる本」(秀和システム、2012年3月15日、共著)、法務雑誌「国際商事法務」、「NBL」等に中国の企業再編等に関する数多くの論文を発表している。

※録音・ビデオ撮影はご遠慮ください。


主催 経営調査研究会

お申込みはこちら

必要事項をご入力の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。