ベトナムビジネス最新動向【アーカイブセミナー・2021年9月1日開催分(約3時間)】

〜新型コロナウイルス感染症関連情報、新投資法、企業法、労働法の改正点も踏まえ
日本弁護士・ベトナム弁護士が解説〜

販売期間2021年11月30日 (火) まで
講師

三浦康晴氏
渥美坂井法律事務所・外国法共同事 日本国弁護士 ベトナム登録外国弁護士

ダン・ミン・チャウ氏
ベトナム社会主義共和国弁護士 ※但し、外国法事務弁護士の登録はない

受講費 35,000円 (お二人目から30,000円)
(消費税、参考資料を含む)
概要 ・本セミナーは2021年9月1日開催セミナーを録画したものです。


 ベトナムは、米中貿易摩擦の影響に加え、新型コロナウイルス感染症のコントロールに初期段階で成功したことから、日系投資家から一層の注目を集めています。
 一方で、進出後においては複雑かつ不明確な法規制や、現地ビジネスパートナーとの意思形成等、様々な問題で頭を悩ませる企業が多いのも事実です。また、2021年1月1日からは新投資法、企業法、労働法が施行されています。
 本セミナーでは、今後ベトナムマーケットでの事業展開・拡大を検討していく中で留意すべきポイントについて、新法の改正点も踏まえ、現地駐在経験を有する日本人弁護士、日本語堪能なベトナム人弁護士だからこそ伝えられる最新動向を解説します。
セミナー詳細 1.新型コロナウイルス感染症関連情報

2.法制度の概要と実務上のポイント

 (1)法制度の概要
 (2)契約書作成 (3)紛争解決

3.進出時におけるポイントと留意点
 (1)投資法と外資規制
 (2)拠点を設けない方法での事業展開
 (3)独資での法人設立
 (4)合弁、M&Aのプロセスとパートナーとのトラブル事例
 (5)撤退

4.進出後におけるポイントと留意点
 (1)会社運営に関連する法令
 (2)労務管理(コロナ対応を含む)
 (3)資金調達
 (4)コンプライアンス

5.注目分野についての近況報告
 (1)外国労働者に対する規制
 (2)個人情報保護



【講師紹介 三浦康晴(みうらやすはる)氏】
慶應義塾大学法学部、東京大学大学院法学政治学研究科卒。渥美坂井法律事務所・外国法共同事業入所後、2017年より2021年4月までAsia Pacific International Law Firm (APAC)駐在(ベトナム登録外国弁護士資格保有)。
主な取扱業務:国際取引、海外進出支援、M&A、ベトナム法務、ロシア法務ほか。
主要著作等:新型コロナウイルス対応に関連する法務上のポイント―不可抗力条項適用、テレワーク実施等について」三菱UFJ銀行BizBuddy(2020年5月)、「ベトナムにおけるM&A、合弁事業を実施する際の概要と留意点」MUFG Global Business Insight (GBI) (2018年9月)、「諸外国の個人情報保護制度に係る最新の動向に関する調査研究報告書」(個人情報保護委員会、2018年3月)<共著>、「ロシアにおける知的財産制度の概要・留意点」月刊ザ・ローヤーズ10月号 (2016年10月) (共著)

【講師紹介 ダン・ミン・チャウ氏】
Hanoi National University (LL.B.) 卒、名古屋大学大学院 国際開発研究科修了後、ハノイの日系大手法律事務所等での執務を経て、2020年2月より渥美坂井法律事務所・外国法共同事業入所東京事務所にて執務開始。
主な取扱業務:労働法、一般企業法務、投資、一般商事法務、コンプライアンス、環境等

主催 金融財務研究会

備考 【受講上のご注意】
本セミナーは2021年9月1日開催セミナーを録画したものです。
お申し込み後、請求書をお送りいたします。ご入金後にメールでログインIDとパスワード等の詳細をお送りします。資料はログイン後にダウンロードしてご覧いただけます。
・視聴可能期間は、配信後約2週間です。視聴後に講師への質問も可能です。
・視聴推奨環境 https://classtream.jp/detail/view/v-3.html
・視聴確認用動画 https://classtream.jp/view/check/v-3/#/player?co=1&ct=V
・著作権の関係上、お一人につき1IDとしていただきますよう、お願い申し上げます。
2021年11月30日お申し込みまで限定販売いたします。詳しくは、セミナーお申込みからご受講の流れをご覧ください。
お申込みはこちら

必要事項をご入力の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。