特定目的会社(TMK)の法務と実務【アーカイブセミナー・2021年9月8日開催分(約3時間)】

〜基礎から実践まで〜

販売期間2021年11月30日 (火) まで
講師

井上卓士氏
TMI総合法律事務所 パートナー 弁護士

松下 茜氏
TMI総合法律事務所 弁護士

受講費 35,000円 (お二人目から30,000円)
(消費税、参考資料を含む)
概要 ・本セミナーは2021年9月8日開催セミナーを録画したものです。

 不動産の流動化を行うにあたって資産流動化法に基づく特定目的会社(TMK)は選択されるヴィークルの一つですが、その手続や規制は複雑なものとなっています。本セミナーでは、TMKに関連する業務に携わるご担当者様などが知っておくべき資産流動化法上の規制、ストラクチャー、スケジューリングなど案件を進めるにあたって肝となる事項や視点などを、仮想事例を用いるなどして、TMKを用いた案件に関して多くの経験を有する講師が、基礎からわかりやすく解説いたします。
セミナー詳細 1.TMK概論
 (1)TMKとは(GKTKスキームとの比較)
 (2)TMKのストラクチャー
 (3)TMKのメリット・デメリット
 (4)税制優遇
 (5)現物不動産の場合の規制との関係

2.TMKスキームにおける規制
 (1)概観
 (2)取得できる資産(特定資産)の限定
 (3)追加取得の制限
 (4)行いうる業務の限定
 (5)業務の委託強制

3.TMKの組成・運用にかかる留意点
 (1)ストラクチャリングにあたっての留意点
 (2)TMKの設立
 (3)業務開始届出における留意点
 (4)ALPに関する留意点
 (5)減税証明申請における留意点
 (6)資金調達における留意点
 (7)スケジューリングにおける留意点

4.TMKと金融商品取引法

5.TMKを巡る昨今の状況




【講師紹介 井上卓士(いのうえたかし) 氏】
2006年司法修習を経て弁護士登録(第一東京弁護士会)、2017年Cornell University Law School 卒業、同年より TMI 総合法律事務所勤務、2018年ニューヨーク州弁護士登録、2021年パートナー就任。主に、オフィスビル、ホテル、レジデンス、物流施設等の不動産開発、不動産投資、各国の鉄道建設プロジェクト、PPP/PFI 等の官民連携のインフラプロジェクト、再生可能エネルギー発電事業に関連する案件等を担当。近時の著作として「特定目的会社を用いた資産の流動化(証券化)の実務」「統合型リゾートに係るストラクチャーとファイナンス」他。近時の講演として「特定目的会社を不動産投資ファンドに活用する際のポイント」「IR(統合型リゾート)に関する事業ストラクチャー及び融資スキームの検討と関連するリスク」「再生可能エネルギーをめぐる昨今の法改正及び最新ビジネス動向と法務」他。

【講師紹介 松下 茜(まつしたあかね) 氏】
2005年司法修習を経て弁護士登録(第一東京弁護士会)、同年よりTMI総合法律事務所勤務。主に、オフィス、住宅、有料老人ホーム、物流施設等の不動産ファイナンスをはじめとする不動産分野、PPP/PFI、太陽光、風力、バイオマス等の再生可能エネルギー関連のプロジェクトファイナンス、インフラファンド等の分野を取り扱う。

主催 金融財務研究会

備考本セミナーにつきましては、法律事務所ご所属の方はお申込ご遠慮願います。

【受講上のご注意】
本セミナーは2021年9月8日開催セミナーを録画したものです。
お申し込み後、請求書をお送りいたします。ご入金後にメールでログインIDとパスワード等の詳細をお送りします。資料はログイン後にダウンロードしてご覧いただけます。
・視聴可能期間は、配信後約2週間です。視聴後に講師への質問も可能です。
・視聴推奨環境 https://classtream.jp/detail/view/v-3.html
・視聴確認用動画 https://classtream.jp/view/check/v-3/#/player?co=1&ct=V
・著作権の関係上、お一人につき1IDとしていただきますよう、お願い申し上げます。
2021年11月30日お申し込みまで限定販売いたします。詳しくは、セミナーお申込みからご受講の流れをご覧ください。
お申込みはこちら

必要事項をご入力の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。