ステーブルコインの法律実務【アーカイブセミナー・2022年6月24日開催分(約3時間)】

〜ステーブルコインやCBDCの概要から最新動向まで徹底解説〜

販売期間2022年9月30日 (金) まで
講師
境 孝也氏

境 孝也氏
弁護士法人GVA法律事務所 弁護士

原田雅史氏

原田雅史氏
弁護士法人GVA法律事務所 弁護士

受講費 35,000円 (お二人目から30,000円)
(消費税、参考資料を含む)
概要 ・本セミナーは2022年6月24日開催セミナーを録画したものです。

 最近注目を集めている決済手段の「ステーブルコイン」や「CBDC」(中央銀行デジタル通貨)。前者の「ステーブルコイン」については、令和4年(2022年)3月4日に金融庁より国会に提出された「安定的かつ効率的な資金決済制度の構築を図るための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律案」に基づき、今後規律がなされる予定です。また、後者の「CBDC」(中央銀行デジタル通貨)については、現在、日本銀行により実証実験が積み重ねられており、令和8年(2026年)頃を目安に発行がなされる予定と新聞報道等がなされています。
 本セミナーでは、これら「ステーブルコイン」や「CBDC」といった新たな決済手段の概要を解説するとともに、これらの決済手段が既存ビジネスにどのような影響を与えうるのかを検討します。また、「ステーブルコイン」の発行やその仲介に関する新しいビジネスが創造される機会になりますので、これらの新ビジネスを開始する上で必要な許認可等の手続を解説します。さらに、既存の決済手段(リアル通貨、為替取引、前払式支払手段、暗号資産、企業ポイント、クレジットカード等)と、「ステーブルコイン」・「CBDC」といった新しい決済手段の違いについても整理することで、既存の決済手段の概要をより鮮明に整理していきます。
 これらの解説・検討を通じて、現在の決済分野における「フィンテックビジネス」の全体像を解剖していく機会にもできればと思います。既存の金融機関の方はもちろんのこと、新しい決済手段にご関心がある方、フィンテックビジネス(決済分野)についてご興味をお持ちの方等、幅広いご参加をお待ちしております。
セミナー詳細 1.ステーブルコインとは何か

2.CBDC(中央銀行デジタル通貨)とは何か

3.ステーブルコイン・CBDCの既存ビジネスへの影響

4.既存の決済手段との比較

5.ステーブルコインに関する法規制(発行者規制と仲介者規制)

6.質疑応答




【講師紹介 境 孝也(さかいたかや) 氏】
早稲田大学政治経済学部、上智大学法科大学院卒。2015年東京都内法律事務所入所後、2016年より東証一部上場企業事業子会社(法務部門、人事部門)を経て、2018年からGVA法律事務所勤務。GVA法律事務所のプラクティスチーム「フィンテックチーム」の中心メンバー。フィンテックビジネスの設計に関するアドバイスから、資金移動業・第三者型前払式支払手段・包括信用購入あっせん業(クレジットカード)等の金融系の業登録、KYC体制の構築まで幅広くサポート。多数の金融・フィンテック関連の顧問先を担当。

【講師紹介 原田雅史(はらだまさふみ)氏】
同志社大学、慶応義塾大学法科大学院卒。2016年トピー工業株式会社入社後、2019年からGVA法律事務所勤務。GVA法律事務所のプラクティスチーム「フィンテックチーム」の中心メンバー。フィンテックビジネスの設計に関するアドバイスから、資金移動業・第三者型前払式支払手段・包括信用購入あっせん業(クレジットカード)等の金融系の業登録、KYC体制の構築まで幅広くサポート。多数の金融・フィンテック関連の顧問先を担当。

主催 金融財務研究会

備考 【受講上のご注意】
・本セミナーは2022年6月24日開催セミナーを録画したものです。

お申し込み後、請求書をお送りいたします。ご入金後にメールでログインIDとパスワード等の詳細をお送りします。資料はログイン後にダウンロードしてご覧いただけます。
・視聴可能期間は、配信後約2週間です。視聴後に講師への質問も可能です。
・視聴推奨環境 https://classtream.jp/detail/view/v-3.html
・視聴確認用動画 https://classtream.jp/view/check/v-3/#/player?co=1&ct=V
・著作権の関係上、お一人につき1IDとしていただきますよう、お願い申し上げます。
2022年9月30日お申し込みまで限定販売いたします。詳しくは、セミナーお申込みからご受講の流れをご覧ください。
お申込みはこちら

必要事項をご入力の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。