NFTビジネスの法的課題と解決の方向性【アーカイブセミナー・2022年7月29日開催分(約2時間)】

〜メタバースとの関係などNFTを活用したビジネスを成功に導く実務的な指針を解説〜

販売期間2022年10月31日 (月) まで
講師
山内真之氏

山内真之氏
アンダーソン・毛利・友常法律事務所・外国法共同事業 パートナー 弁護士

井上乾介氏

井上乾介氏
アンダーソン・毛利・友常法律事務所・外国法共同事業 スペシャル・カウンセル 弁護士

受講費 25,000円 (お二人目から22,000円)
(消費税、参考資料を含む)
概要 ・本セミナーは2022年7月29日開催セミナーを録画したものです。

 2021年を代表する言葉となった「NFT」(Non-Fungible Token)の活用は、2022年の上半期に入って多種多様な展開を見せ、日本企業でもビジネスでの活用が急速に拡大しています。さらに、NFTは、現在、世界中で注目を浴びている「メタバース」経済圏の重要な部分を担うことが期待されています。
 本セミナーでは、「今後に向けてNFTビジネスの概要を把握したい」「すでにNFT事業を具体的に検討している」という方はもちろん、「メタバースとNFTの関連を詳しく知りたい」という方のために、NFTの基礎を確認しつつ、最新のNFTビジネスを国内外から幅広く収集し、法的課題と解決方法の実務的な指針を示します。
セミナー詳細 1.「NFT」の基礎(技術的な仕組み・本質的な特徴・関連市場の動向)

2.「NFT」を活用した最新ビジネス

 (1)NFT+コンテンツ(アート・音楽)
 (2)NFT+スポーツ(NBA・サッカー)
 (3)NFT+ゲーム
 (4)NFT+実物資産(動産・不動産)

3.メタバース(仮想空間)と「NFT」

4.「NFT」ビジネスの法的課題をどう解決するか

5.「NFT」ビジネスの法的課題の解決方法

  ライセンス契約、NFTプラットフォーム利用規約の条項例の解説




【講師紹介 山内真之(やまのうちまさゆき)氏】
2002年慶應義塾大学理工学部卒業 04年慶應義塾大学大学院理工学研究科卒業 07年東京大学法科大学院 (法務博士 (専門職)) 08年最高裁判所司法研修所修了(61期)・弁護士登録(第二東京弁護士会)、09年アンダーソン・毛利・友常法律事務所入所 13年米国Stanford Law School(LL.M.)修了 13年〜14年米国のFinnegan, Henderson, Farabow, Garrett & Dunner法律事務所(カリフォルニア州 Palo Alto Office)勤務 14年ニューヨーク州弁護士登録 14年アンダーソン・毛利・友常法律事務所復帰 17年当事務所パートナー就任
専門分野:理学修士号を有しており、弁護士登録以来、先端テクノロジー関連法務及び知的財産(特許・商標・著作権・不正競争)関連業務(侵害訴訟案件・ライセンス交渉案件・共同開発案件・技術移転案件)を取り扱う。

【講師紹介 井上乾介(いのうえけんすけ)氏】
2004年一橋大学法学部卒業 07年慶應義塾大学法科大学院修了 08年弁護士登録 16年米国カリフォルニア大学バークレー校ロースクール修了(LL.M., Certificate in Law and Technology) 17年カリフォルニア州弁護士登録 著作権法、不正競争防止法等の知的財産法、個人情報保護法等のデータ保護法、その他IT関係法分野を主な業務分野とする。著作権法学会会員、国際著作権法学会(ALAI)会員。

主催 金融財務研究会

備考本セミナーにつきましては、法律事務所ご所属の方はお申込みをご遠慮願います。

【受講上のご注意】
・本セミナーは2022年7月29日開催セミナーを録画したものです。

お申し込み後、請求書をお送りいたします。ご入金後にメールでログインIDとパスワード等の詳細をお送りします。資料はログイン後にダウンロードしてご覧いただけます。
・視聴可能期間は、配信後約2週間です。視聴後に講師への質問も可能です。
・視聴推奨環境 https://classtream.jp/detail/view/v-3.html
・視聴確認用動画 https://classtream.jp/view/check/v-3/#/player?co=1&ct=V
・著作権の関係上、お一人につき1IDとしていただきますよう、お願い申し上げます。
2022年10月31日お申し込みまで限定販売いたします。詳しくは、セミナーお申込みからご受講の流れをご覧ください。
お申込みはこちら

必要事項をご入力の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。