【日米で内部通報制度に携わっている方、社内体制の整備・見直しを検討される方などにお薦めしたいセミナー】

2014/10/14
2014/10/14

10月23日(木)午後2時00分~午後5時00分「内部通報者・内部告発者対応の実務」
~内部通報者保護制度と実例を踏まえた実務を解説~のテーマでセミナーを開催します。
 講師は、西村あさひ法律事務所 弁護士 ニューヨーク州弁護士山田将之氏にお願いしました。
 このセミナーでは、日米の内部通報に関する制度を概観した上で、内部通報者への対応について、実例を交えながら分かり易く解説いたします。
 公益通報者保護法が施行されてから8年が経過し、内部通報制度を整備している会社も多くなっていますが、様々な課題も生じております。内部通報・内部告発があった場合には、通報内容に従って、不正行為の中止、社内調査による事実関係の確認等の対応を行うことになりますが、内部通報者・内部告発者への対応にも注意が必要です。
 
 通報が悪意をもって行われた場合、通報者自身も不正行為に関与していた場合、通報前から予定されていた配転等を通報後に実行する場合ほかへの対応を、実例を交えて分かり易く解説致します。
 また、米国の内部通報に関する制度は日本の制度とは少々異なっており、近時、裁判所等によって内部通報者への対応に関する重要な判断が示されています。米国に進出している企業は留意が必要になっています。
 日米で内部通報制度に携わっている方、社内体制の整備・見直しを検討される方などにお薦めしたいセミナーとなっております。

山田将之氏(西村あさひ法律事務所 弁護士 ニューヨーク州弁護士)
10月23日(木)14:00~17:00 ¥34,500
内部通報者・内部告発者対応の実務 ~内部通報者保護制度と実例を踏まえた実務を解説~
   1 日本の内部通報に関する制度
   2 米国の内部通報に関する制度
   3 内部通報対応における実務的な問題
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/261995om.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News