クロスボーダー・バリュエーション

2014/03/05
2014/03/05

3月27日(木)13:00から“クロスボーダー・バリュエーション”のテーマでセミナーを開催します。

  砂川伸幸神戸大学教授が海外M&A買収価格の算出の為に必須の海外企業価値評価手法を解説します。

 日本企業の海外M&Aが増えています。理論的で実務で最もよく用いられるバリュエーション手法はエンタープライズDCF法です。日本企業の立場から、クロスボーダー・バリュエーションに特有のポイントを解説し、関連データについて講師の研究成果を紹介します。

 クロスボーダー・バリュエーションでは、割引率の算出が大きなポイントになります。とくに、カントリー・リスクプレミアム(CRP)と新興国のエクイティ・リスクプレミアム(ERP)は、どのような算出方法を用い、どの数値を使うかについて、いまだに合意されたものはありません。最も基本的なCRPの
算出方法と、いくつかのERPの算出方法とその背景を解説します。

砂川伸幸氏(神戸大学大学院経営学研究科 教授
 京都大学経営管理大学院 客員教授)


3月27日(木)13:00~16:00 ¥34,900
 海外M&A買収価格の算出
 クロスボーダー・バリュエーション
  海外投資評価の関連データ
 
詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/260561om.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News