【近年ではM&Aの意思決定段階での無形資産の事前評価は重要なM&A調査手続と考えられています。】

2014/01/21
2014/01/21
無形資産は企業の全資産価値の40%を占めるといわれています。
セミナーでは無形資産の評価について、主要な評価方法の概要、企業評価との違い、各種無形資産の評価の特徴を説明し、重要な論点について実務上是非理解しておきたい特有なポイントを解説します。
 さらに、無形資産評価とのれん算定の関係を買収価額の配賦手続(PPA)を通して体系的に解説し、無形資産やのれんが買収後損益に与えるインパクトも含め、パソコンを使用しエクセルによる計算事例で解り易く解説します。
 講師とパソコン指導は、すでに600名以上の方が受講されました「エクセルによる企業価値評価」でおなじみの、公認会計士 枡谷克悦先生が担当します。
皆様の使用するパソコンは当社が準備し、講師から教材として提供されるエクセルファイル(CD)はお持ち帰りできます。
是非この機会に学んでみませんか。
詳細は下記HPをご覧ください。
1月31日(金)13:0017:00 35,500
  M&Aにおける無形資産評価 (エクセルによる計算事例解説を含む)

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News