LBOファイナンス

2013/03/05
2013/03/05

みなさんがある会社を買収したいとします。

当然お金が必要です。さて、買収したい会社を十分に買えるお金はどうやって調達すればいいでしょうか?

今この瞬間もどこかで行われている買収で、自己資本だけで相手を買えてしまう場合なんて少数です。基本的には金融機関なりからの融資で買収資金をそろえる必要があります。

手元に資金が少額しかないときに買収したいなら、どうすればいいのでしょうか?

答えは・・・・

LBOファイナンス! Leveraged Buyoutのことです。
簡単に言うと、企業が他の会社(会社に限らずファンド等を買収したい場合も)を買収するときに、自己資本だけでなく、買収先の資産や将来のキャッシュフローを担保とした借入金で資金を得て、買収を行う買収ファイナンスのことです。
この手法では相手(買収先)に換金可能資産(現預金や有価証券等)があればあるほど実行しやすいと言われています。

なぜ、今日これを紹介したかというと、最近LBOファイナンスが再び盛り上がりを見せているのです。

前回ブームに沸いたのは世界金融危機の前でした。それが最近になってまた注目されてきているのです。その理由は主に2つ。
一つ目はブームの時(2000年代中盤頃)の時の投資案件のリファイナンスが必要になってきたこと。
二つ目は日本企業のM&Aの増加で当然買収資金調達も必要であること。

LBOの中でも特にメザニン・ファイナンスと呼ばれる劣後ローンや優先株等が注目されています。
これが中小企業金融円滑化法の出口戦略として、日本の投資家が長年頭を抱えてきたミドルリスク・ミドルリターン市場の活性化の起爆剤として機能するのでは?と注目を集めているのです。

ここまで読むと、「じゃあいっぱいLBOファイナンスを活用しようか!」ってなりますよね?

しかし、このLBOファイナンス、実はシニアローン、メザニンローン、劣後社債、優先株式とその形態が様々あり、現実にはそれらが組み合わさっていることもしばしばあります。また複数の利害関係者がそれぞれの目的を持って同一案件に関わるため、利害関係が非常に複雑なのです。

そこで、当社ではその謎、分かりにくい箇所を解説するセミナーを企画しました。

LBOファイナンスによる資金調達~基本的な考え方、ケーススタディ、事業承継への応用事例まで~
3月13日(水)午前9時30分~12時30分
講師:島 千洋先生、児井太郎先生
http://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/250470om.html

お二人とも日本政策投資銀行で企業ファイナンスグループに所属するこの問題の精鋭です!

企業買収の資金や事業継承などにお悩みのみなさん!ぜひご参加ください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News