海外子会社内部監査

2012/11/02
2012/11/02

内部監査・・・・
それは、会社の業務執行や財産保全が、各種法令・経営方針・経営計画・社内規程などに基づいて行われ、それが効果的で適切なものであるかをを検証する制度です。担当者は経営者の要請を受けて行い、モニタリング機能の一環として(これは会社の内部統制制度の基本的な要素の一つですね)働き、上場審査の時には最低でも1年以上の運用実績が必須な重要項目にも数えられています。
しかし、これは日本国内での話しです。
グローバル化が進む現在、日系企業は海外営業活動を急速に進めてきています。
その場合、海外支社・営業所の内部監査はどうすればいいでしょうか?
海外の事業所に権限を移譲しないと効率的に動けない反面で、親会社の目の届かないところでの海外支社の経営失敗によってグループ全体の経営に悪影響を及ぼす、企業価値を下げてしった事例もあります。
この問題の解決のためには適切な本社からのモニタリング、内部監査のシステムが必須になります。
ではどのようなものが適切なのでしょうか? その疑問にお答えするセミナーを当社では企画しました。
11月8日 14:00~17:00 講師:毛利正人先生
                     グローバル経営における海外子会社内部監査の実務
1.はじめに
・権限委譲とモニタリング
・海外子会社ガバナンスと内部監査
・リスクマネジメントプロセスにおける内部監査の位置づけ

2.海外子会社内部監査体制の構築
・海外子会社内部監査の特殊性
・内部監査リソースの問題と解決法
・グローバル内部監査体制 (初期導入から高度化まで)

3.内部監査計画の策定
・年度計画策定
・個別監査計画
・海外子会社のタイプとリスク

4.海外子会社往査における実務上の展開と留意点
・予備調査
・往査のライフサイクル
(キックオフから本調査、講評会、フォローアップまで)

5.グローバル内部監査の更なる高度化
・海外子会社内部監査の効率化
(コントロールセルフアセスメントとの組み合わせ)
・海外子会社内部監査の高度化(データ監査との組み合わせ) 

~質疑応答~

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News