ソフトウェア開発取引をめぐる法的問題

2012/09/05
2019/08/10

最近のIT化の波には誰もが気づいていることと思います。
「職業はIT系です」と紹介される回数も10年ほど前に比べると爆発的に増えたのではないでしょうか?

IT化が進むことによって私たちの生活は格段に便利になったと思いますが、
しかし、その一方でソフトウェア開発取引のトラブルも増加しています。

なんと!トラブルとまでは行かない微妙なケースも含めると
実にユーザーの約7割が成果物に満足していないというデータまであるのです。

トラブルの代表的なものとしては
・当初の開発スケジュールを過ぎてもシステムが完成しない
・完成したシステムに多くの不具合があり役に立たない
・不具合の修補を依頼したら、追加報酬を請求された
といったもので訴訟にまでなったケースも数多くあります。

そこで、私たちはみなさんがソフトウェア開発のトラブルに十分に備えられるように
・契約締結時の法律問題
・開発工程における法律問題
・メーカーや代理店、ユーザーの双方の立場での完成後の法律問題
を解説するセミナーを企画しました。

セミナーではそれだけでなくソフトウェア開発取引関連の訴訟対応の実務も紹介いたします。
ソフトウェア開発取引の訴訟は専門的な知識が必要な複雑かつ困難なものですので、
これは必見です!

9月10日 14:30~17:30
                        ソフトウェア開発取引をめぐる法的問題
                                  ~契約をめぐる法律問題と訴訟対応の実務~

                               講師:松本卓也先生
                             https://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/241737om.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News