◆Zoomセミナー◆民法改正と工事請負契約、設計工事監理委託契約

〜民法改正にともなう、工事請負契約約款、設計工事監理委託契約約款それぞれへの影響を分かり易く解説〜

開催日時2020年7月22日 (水) 13:30〜15:30
講師
富田 裕氏

富田 裕氏
TMI総合法律事務所 パートナー 弁護士

受講費 25,000円 (お二人目から22,000円)
(消費税、参考資料を含む)
開催地 会場開催はありません
概要このセミナーはオンライン会議システム「Zoom」で開催します。インターネットにつながるパソコン等からご参加いただけます。会場でのご参加はできません。
■参加費をお振込みいただいた後に、受講URLや接続方法をメールでお送りします。
■キャンセルされる場合は、3営業日前までに弊社までお電話にてご連絡ください。
セミナー開催前までに、メール等で資料をお送りいたします。資料到着後のキャンセルはお受けできません。ご了承ください。詳しくは金融財務研究会までお問い合わせください。


 民法改正に伴い、民間(七会)連合協定工事請負契約約款が改正されました。新しい民間(七会)連合協定工事請負契約約款をもとに、民法改正後、契約不適合責任の内容、責任期間、解除の定め等がどのように変わったか、どのような対処が必要かを検討します。また、民法改正に伴い旧四会の設計工事監理委託契約約款も改正されており、そちらの解説も致します。
セミナー詳細 1.工事請負契約約款の改正
(1)契約不適合責任
(2)契約不適合責任の期間
(3)解除

2.設計工事監理委託契約約款の改正
(1)意匠法改正
(2)成果完成型委任
   成果物の契約不適合
   委任契約の債務不履行
(3)解除


【講師紹介(とみたゆう氏)】
1989年東京大学法学部卒業、同年建設省(現国土交通省)入省。1994年東京大学工学部築学科卒業、1996年東京大学工学部建築学科大学院修了。1996年株式会社磯崎アトリエ入社。1997年一級建築事務所富田裕建築設計事務所設立、設計・監理に従事。2008年弁護士登録。2012年TMI総合法律事務所。国土交通省における行政経験、一級建築士として設計、監理に携わってきた経験をいかし、建築や都市計画に関わる紛争に数多く携わっている 。
著書:
「建設・不動産会社の法務(中央経済社)」、「民法改正で変わる住宅トラブルへの対応(中央経済社)」等がある。

※録音・ビデオ撮影はご遠慮ください。


主催 金融財務研究会

備考本セミナーについては、法律事務所ご所属の方はお申込をご遠慮願います。

このセミナーはオンライン会議システム「Zoom」で開催します。インターネットにつながるパソコン等からご参加いただけます。会場でのご参加はできません。
■キャンセルされる場合は、3営業日前までに弊社までお電話にてご連絡ください。
セミナー開催前までに、メール等で資料をお送りいたします。資料到着後のキャンセルはお受けできません。ご了承ください。

お申込みはこちら

必要事項をご入力の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。