【会場(定員10名)またはZoom】

分配可能額の速算法マスター

〜実務で役立つ基本レベルの計算方法について設例を使って実際に計算しながら平易に解説〜

開催日時2021年3月2日 (火) 13:30〜16:30
講師

石王丸周夫氏
石王丸公認会計士事務所
公認会計士

受講費 34,900円 (お二人目から29,000円)
(消費税、参考資料を含む)
開催地 グリンヒルビル セミナールーム
(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
概要このセミナーは会場でご参加、またはオンライン会議システム「Zoom」でのご参加のいずれかをお選びいただけます。
会場にお越しいただいてご参加をご希望の場合は、質問欄に「会場参加希望」、Zoomでのご受講をご希望の場合は「Zoom希望」とご記入下さい。
■会場ご参加の場合:当日は受講証をお持ちの上、会場にお越しください。資料は当日会場でお渡しいたします。
■Zoomご参加の場合:参加費をお振込みいただいた後に、受講URLや接続方法をメールでお送りします。また、セミナー開催前までに、メール等で資料をお送りいたします。資料到着後のキャンセルはお受けできません。ご了承ください。


 配当や自社株買い時の法定上限額である分配可能額について、その基本的な計算方法を、設例を使って段階的に解説するセミナーです。
 難解なイメージがある分配可能額ですが、実務上は、必ずしも厳密な知識は必要なく、本セミナーでは、基本的なポイントを中心に、計算方法の骨子を間違いなく習得することを目標に、平易に解説していきます。(電卓をご用意ください。)
セミナー詳細 1.はじめに〜分配可能額超過ミスの最近の発生状況

2.基本事項を確認します

  ● 分配とは何か?
  ● いつの時点で計算するのか?
  ● 連結、個別のどちらで計算するのか?  他

3.電卓で簡単に計算できる分配可能額
  ● カンタンな計算問題を使った分配可能額計算の解説
  ● 自己株式やのれんがある場合の「速算法」紹介
  ● 最低限覚えておけば役立つ「基本計算式」  他

4.分配可能額超過ミスを防ぐ対策
  ● 分配可能額超過ミスの原因分析とミス事例紹介
  ● 分配可能額超過ミスの防止対策

5.知っていると役に立つワンランク上の知識
  ● 300万円基準
  ● 連結配当規制
  ● 従業員持株ESOP信託の扱い


【講師紹介(いしおうまるのりお氏)】
1968年生まれ。慶応義塾大学商学部卒業。監査法人トーマツ(現・有限責任監査法人トーマツ)にて会計監査実務に従事し、2004年に石王丸公認会計士事務所開業。現在は、監査業務のほか、セミナー講師や執筆活動を行っている。
主著:
『最短で導き出す分配可能額』『パターン別 計算書類作成うっかりミスの防ぎ方』 (いずれも清文社)。分配可能額に関する寄稿記事としては、「株主還元時に要注意 配当・自社株買いの制限額超過ミスの原因と対策」(旬刊経理情報2019年5月10日・20日合併号)。

※録音・ビデオ撮影はご遠慮ください。


主催 金融財務研究会

備考■このセミナーは会場でご参加、またはオンライン会議システム「Zoom」でのご参加のいずれかをお選びいただけます。質問欄に「会場参加希望」、または「Zoom希望」とご記入下さい。
お申込みはこちら

必要事項をご入力の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。