【会場(定員10名)またはZoom】

投資型クラウド・ファンディングに係る法規制の最新動向


開催日時2021年7月20日 (火) 10:00〜12:00
講師

宮田 俊氏
森・濱田松本法律事務所 パートナー 弁護士・ニューヨーク州弁護士

受講費 25,500円 (お二人目から22,000円)
(消費税、参考資料を含む)
開催地 グリンヒルビル セミナールーム
(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
概要このセミナーは会場でご参加、またはオンライン会議システム「Zoom」でのご参加のいずれかをお選びいただけます。
会場にお越しいただいてご参加をご希望の場合は、質問欄に「会場参加希望」、Zoomでのご受講をご希望の場合は「Zoom希望」とご記入下さい。
■会場ご参加の場合:当日は受講証をお持ちの上、会場にお越しください。資料は当日会場でお渡しいたします。
■Zoomご参加の場合:参加費をお振込みいただいた後に、受講URLや接続方法をメールでお送りします。また、セミナー開催前までに、メール等で資料をお送りいたします。お一人様につき1アカウントとし、複数名でのご視聴、録音録画はご遠慮下さい。資料到着後のキャンセルはお受けできません。ご了承ください。


 現在、金融審議会「市場制度ワーキング・グループ」では、成長資金の供給のあり方に関する検討として、株式投資型クラウド・ファンディングに係る法制度の改正について議論が行われています。
 投資型クラウド・ファンディングを利用した資金調達は増加傾向にあるものの、法規制が普及の障害になっている面があります。
 本セミナーでは、投資型クラウド・ファンディングの法規制の現状や「市場制度ワーキング・グループ」での議論の状況、今後の方向性について解説いたします。
セミナー詳細 1 投資型クラウド・ファンディングを取り巻く現状
 (1)投資型クラウド・ファンディングとは
 (2)政府戦略

2 法規制の現状と課題
 (1)株式型/新株予約権型
 (2)事業型/融資型
 (3)セキュリティ・トークン(ST)化の可能性

3 金融審議会「市場制度ワーキング・グループ」の議論
 (1)株式型クラウド・ファンディング制度の改正の方向性
 (2)セカンダリー取引の可能性

   〜質疑応答〜



【講師紹介 宮田 俊(みやたすぐる)氏】
2007年東京大学法科大学院卒業、2014年New York University School of Law (LL.M.)修了。2008年弁護士登録、2015年ニューヨーク州弁護士登録。2017〜2018証券取引等監視委員会出向(総務課、開示検査課)。日本証券アナリスト協会検定会員、公認不正検査士。キャピタルマーケッツ(公募、第三者割当、ライツ・オファリング)、金融規制(金融商品取引法、銀行法、資金決済法等)対応、金商法関連不正対応(開示・会計不正、不公正取引規制違反)等を中心に取り扱っている。

※録音・ビデオ撮影はご遠慮ください。


主催 経営調査研究会

備考■このセミナーは会場でご参加、またはオンライン会議システム「Zoom」でのご参加のいずれかをお選びいただけます。質問欄に「会場参加希望」、または「Zoom希望」とご記入下さい。
お申込みはこちら

必要事項をご入力の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。