【LIVE配信(Zoom)】【後日配信】

表明保証条項を巡る現状

〜近年増加する国内外の紛争事例を踏まえた契約のポイント〜
<本セミナーは終了しました。アーカイブセミナーはこちら↓でお申し込みいただけます。 https://www.kinyu.co.jp/seminar_detail/?sc=k900666a

開催日時2023年11月29日 (水) 14:00〜16:30
講師
田中 敦氏

田中 敦氏
田中敦法律事務所 代表弁護士 ニューヨーク弁護士

受講費 30,000円 (お二人目から26,000円)
(消費税、参考資料を含む)
開催地 会場開催はありません
概要■このセミナーはオンライン会議システム「Zoomミーティング」で開催します。
■当日のご参加が難しいお客様には、後日動画を配信できます(開催前のお申し込みが必要です)。


 M&Aの契約書等で定められる表明保証条項は、わが国でもすでに定着しており、皆様におかれても日常的に取り扱う条項となっているものと存じ上げます。
 米国では、表明保証条項を巡って古くから数多くの裁判例があり、クロージング時に表明保証違反の事実を知っていた者が表明保証違反の責任を追及できるか(いわゆる「サンドバッギング」)等の論点について、各州で事例が蓄積されています。
 他方、かつては、わが国では表明保証条項を巡る裁判例が少なく、表明保証に違反した者がどのような責任を負うのかを明確に見通すことが困難でした。しかし、近年、表明保証条項を巡る判決が相次いでおり、これらの検討を通して、表明保証違反の責任内容を一定予測できるようになってきました。
 本セミナーでは、表明保証条項を巡る国内外の近年の事例をご紹介した上、これらを踏まえて、契約条項の作成の上で注意すべきポイントをご説明します。

※実務にすぐご利用頂ける「英文契約チェックシート」「主な米国州法の比較表」をお申込み頂いたへ差し上げます。


セミナー詳細 第1 表明保証条項の基礎知識
  ・ 表明保証条項とは
  ・ 表明保証が求められる理由
  ・ 一般的な表明保証の対象
  ・ 表明保証違反の責任

第2 表明保証条項を巡る近年の国内外の事例
  ・ 表明保証条項を巡る米国の重要判例
  ・ 近年の注目すべき米国の裁判例
  ・ わが国における裁判例の状況   
  ・ わが国の裁判例の検討を通した条項解釈のポイント

第3 表明保証条項を中心とした契約書作成のポイント 
  ・ 表明保証の対象事項、表明する事項の限定方法(「合理的に知り得る限り」等)
  ・ 表明保証違反の責任内容の定め方、その限定方法
  ・ 国内の契約における注意点、海外の契約との違い
  ・ 海外の契約について、米国各州法の特徴、立場の違いを踏まえた準拠法選択のポイント



【講師紹介 田中 敦(たなかあつし)氏】
2009年弁護士登録。2019年カリフォルニア大学バークレー校LL.M修了。海外大手法律事務所及び国内法律事務所において、外国訴訟・仲裁案件を日常的に担当しており、弁護士登録以来、100件を優に超える英文契約の作成や交渉に携わっている。外国法実務について、『クロスボーダーのM&Aプロセスにおける個人情報の保護と利活用』(商事法務2136号)等の執筆・講演多数。

※録音・録画・ビデオ撮影はご遠慮ください。


主催 金融財務研究会

備考■このセミナーは、①「Zoomミーティング」のLIVE配信でご受講②後日動画でのご受講、からお選びいただけます(いずれも開催前のお申し込みが必要です)。
Zoom・LIVE配信受講:開催約1週間前に受講URLや接続方法をメールでお送りします。また、事前にメールで資料をお送りします。複数名でのご視聴、録音録画はご遠慮下さい。資料到着後のキャンセルはお受けできません。
後日配信受講:ご入金確認後、セミナー開催後3営業日以内に、WEB視聴用のURL、ID、パスワードをお送りします。資料は視聴画面からダウンロードできます。視聴期間は2週間、ご希望の日程でご視聴いただけます。
■詳しくは、セミナーお申込みからご受講の流れをご覧ください。
お申込みはこちら

必要事項をご入力の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。