個人情報保護とデータ利活用を巡る世界的動向【アーカイブセミナー・2022年7月8日開催分(約3時間)】

〜改正個人情報保護法の概要から海外の法制度・執行状況まで〜

販売期間2022年10月31日 (月) まで
講師
苗村博子氏

苗村博子氏
弁護士法人苗村法律事務所 代表社員弁護士

田中 敦氏

田中 敦氏
弁護士法人苗村法律事務所 パートナー弁護士

受講費 35,000円 (お二人目から30,000円)
(消費税、参考資料を含む)
概要 ・本セミナーは2022年7月8日開催セミナーを録画したものです。

 個人情報保護とデータの利活用を巡る立法やその執行は、国内外を問わず、コロナ禍においても積極的に行われています。日本では2022年4月から2020年改正法が全面施行されるとともに、個人情報保護法制の一元化が図られました。海外でも、欧州GDPRや米国カリフォルニア州CCPAの執行が進められており、また、一昨年のEU・米国間のプライバシー・シールド無効判決は、いまだ実務に大きな影響を与えています。
 今回は、3時間のセミナーとして、まず日本の個人情報保護法の基礎から近時の改正内容までを解説した上で、海外のデータ保護法制の内容と執行状況について、日本法との違いを踏まえて、それぞれ解説します。皆様奮ってご参加ください。
セミナー詳細 第1部 改正個人情報保護法の概要と実務について
  ・ 個人情報保護法の基礎知識
  ・ 近年の法改正
  ・ 取得・管理の注意点   
  ・ 第三者提供の規制
  ・ ビッグデータの利活用
  ・ 安全管理措置

第2部 欧州GDPRの概要と法執行の動向、米国の個人情報保護法制について
  ・ 欧州GDPRの概要
  ・ GDPRの執行状況
  ・ GDPRの適用範囲
  ・ データ主体の権利
  ・ 規制対象のデータ移転
  ・ GDPR違反への制裁
  ・ 米国制度の概要
  ・ カリフォルニア州CCPA/CPRA



【講師紹介 苗村博子(なむらひろこ)氏】
1983年大阪大学卒業、1996年シカゴ大学LL.M修了。
国際カルテル捜査案件への対応や国際仲裁案件等国際案件を担当しGDPRとディスカバリ等についても経験。大阪大学工学部で、個人情報保護法、GDPR等について講師を担当。倒産事件から知財事件まであらゆる企業法務に対応している。

【講師紹介 田中 敦(たなかあつし)氏】
2008年京都大学法科大学院修了、2019年カリフォルニア大学バークレー校LL.M修了
シェパード・マリン法律事務所ニューヨークオフィスでの実務経験を有し、国内外の個人情報保護に関する案件に携わっている。『クロスボーダーのM&Aプロセスにおける個人情報の保護と利活用』(商事法務2136号、共著)等、個人情報及びマイナンバーに関する執筆や講演を多数担当。

主催 金融財務研究会

備考 【受講上のご注意】
・本セミナーは2022年7月8日開催セミナーを録画したものです。

お申し込み後、請求書をお送りいたします。ご入金後にメールでログインIDとパスワード等の詳細をお送りします。資料はログイン後にダウンロードしてご覧いただけます。
・視聴可能期間は、配信後約2週間です。視聴後に講師への質問も可能です。
・視聴推奨環境 https://classtream.jp/detail/view/v-3.html
・視聴確認用動画 https://classtream.jp/view/check/v-3/#/player?co=1&ct=V
・著作権の関係上、お一人につき1IDとしていただきますよう、お願い申し上げます。
2022年10月31日お申し込みまで限定販売いたします。詳しくは、セミナーお申込みからご受講の流れをご覧ください。
お申込みはこちら

必要事項をご入力の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。