コンプライアンスをカルチャーにする具体的工夫【アーカイブセミナー・2023年8月25日開催分(約3時間)】


販売期間2024年2月29日 (木) まで
講師
中山達樹氏

中山達樹氏
中山国際法律事務所 代表弁護士 インテグリティ・エバンジェリスト 経営倫理士

受講費 35,000円 (お二人目から30,000円)
(消費税、参考資料を含む)
概要 ・本セミナーは2023年8月25日開催セミナーを録画したものです。

 パーパス(企業の存在意義)が問い直される中で、企業文化(カルチャー)の重要性も高まっている。しかし、企業文化(カルチャー)の中に、いいコンプライアンスが根付いている企業はとても少ない。
 コンプライアンスをいくら提唱しても、ミス発生後の「モグラ叩き」的に、事後的なコンプラ「対策」に追われている企業が多い。あるべきコンプライアンスは、もぐら叩き的な弥縫策ではなく、カルチャーに組み込まれた不正予防の「仕組み化」である。
 そこで、「仕組み化」・コンプライアンス・インテグリティ研究の第一人者でもある国際弁護士が、「よいコンプライアンスをどうやってカルチャーに根付かせるか」につき、豊富な実績を基に、具体的で実践的なアドバイスを提供する。
セミナー詳細 1.コンプライアンスの病理
  (1)「コンプライアンスの病理」とは? -「武闘派」と「宦官」の闘い
  (2)「効率化の病」とは? -コロナ・テレワークの「効率化の振り子」
  (3)「ブルシット(お花畑)コンプライアンス」 -手段の目的化
  (4)ムシ型(個人)とカビ型(組織)の区別 -属人的思考の功罪

2.自分ごと
  (1)どうやって「自分ごと」の「やりがい」を? -2:6:2の法則
  (2)3つのアプローチ ―当事者意識、エンゲージメント、インテグリティ
  (3)コンプライアンス戦略と価値共有(インテグリティ)戦略 -米国ガイドライン

3.カルチャー
  (1)風土と文化(カルチャー)の違い -カルチャーは戦略的に創るもの
  (2)カルチャー化=仕組み化 -仕組みのSMART理論とは?
  (3)点→線→面→立体化の成長理論 -暗黙知→形式知→集合知サイクル
  (4)帰納的アプローチがイノベーションを生む -collecting the dots

4.コンプライアンスのカルチャー浸透の具体的工夫
  (1)ピアラーニング(Peer Learning)の重要性 -アタマとココロ
  (2)ワークショップ(ダイアログ)、コーチングのコツ・テクニック
  (3)Z世代とのコミュニケーション、心理的安全性との関係
  (4)成功事例・失敗事例の紹介



【講師紹介 中山達樹(なかやまたつき)氏】
1998年東京大学法学部卒業。2010年シンガポール国立大学ロースクール(アジア法専攻)修了。
2010〜2011年シンガポールのDrew & Napier法律事務所に勤務。
2015年中山国際法律事務所開設、同事務所代表弁護士。
2016年公認不正検査士。2022年経営倫理士
【著書・論文】
『グローバル・ガバナンス・コンプライアンス』『インテグリティ -コンプライアンスを超える
組織論』中央経済社(2021年)をはじめとする著書論文、また講演実績多数。

主催 金融財務研究会

備考 【受講上のご注意】
・本セミナーは2023年8月25日開催セミナーを録画したものです。

メールで請求書をお送りいたします。ご入金後にメールでログインIDとパスワード等の詳細をお送りします。資料はログイン後にダウンロードできます。
・視聴可能期間は、配信後2週間です。ご都合の良い期間を指定できます(販売期間とは異なります)。講師への質問も可能です。
・視聴推奨環境 https://classtream.jp/detail/view/v-3.html
・視聴確認用動画 https://classtream.jp/view/check/v-3/#/player?co=1&ct=V
・お一人につき1IDとしていただきますよう、お願い申し上げます。
2024年2月29日お申し込みまで限定販売いたします(販売期間終了後もご視聴は可能です)。詳しくは、セミナーお申込みからご受講の流れをご覧ください。
お申込みはこちら

必要事項をご入力の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。