【なんだか嬉しいニュース】

2013/11/22
2013/11/22
Green500をご存知ですか?
世界で最もエネルギー消費効率のよいスーパーコンピューターを定期的にランク付けし評価するプロジェクトだそうです。
米国のバージニア工科大学がスーパーコンピューターの消費電力当たりの計算能力の高さを調査し、半年に1回ランキングを発表しているのですが、
今回のランキングで、東京工業大学が開発したスーパーコンピューター
TSUBAME-KFC」が日本勢として初めて世界一になったそうです!!!
スーパーコンピューターは、開発競争が激化するなか消費電力の増大が課題
となっていて、Green500は計算速度のランキングTOP500と並んで大きな注目を集めているそうですよ。
TSUBAME-KFC」は、独自の冷却システムで消費電力を少なく抑えているとのこと。
やはり、日本の発想と技術力は素晴らしいですね!!
他にどのようなニュースがあったのでしょう。見てみましょう。
アジアの都市に共通する交通渋滞などの都市問題の解決につなげてもらおうと、日本企業が提案しているスマートシティと呼ばれる、交通システムや情報通信それに省エネなどの技術を生かしたより快適な都市づくりが紹介されているそうです。
成長戦略の柱の一つとなる医療の海外展開は、欧米や韓国の医療メーカーに後れを取っているのが現状です。そこで政府の支援を受けながら、関係メーカーと病院を橋渡しし、日本式医療システムをパッケージで売り込む役目を担う医療コインサルタントの存在感が増しているそうです。
グーグルやヤフーなどの海外インターネット会社が既にロボット研究に着手していて、今夏に設立した事業調査会社を母体に本格事業化に向けた態勢を整えるそうです。
山梨県のワイン会社で作る山梨県ワイン酒造協同組合は、「甲州ワイン」をヨーロッパで販売しようと、イギリスの大手小売りチェーン「マークス・アンド・スペンサー」と本格的な交渉を進めているそうです。
スーパーコンピューターの性能ランキング「TOP500」が18日に米国で開催中の国際会議で発表されました。1位は中国・広州スパコンセンターの「天河2」で、日本の理化学研究所の「京」は前回と同じ4位でした。天河2の計算速度は京の3.2倍だそうです。。。
NGO「世界トイレ機構」の創設記念日にちなんで国連が7月に制定したそうです。多くの人がトイレに不自由している現状を知ってほしいと、日本ユニセフ協会が、見えないトイレを国営昭和記念公園に設置したそうです。壁には「トイレがあるのは当たり前」だと思っていませんか?のメッセージが。
中国や隣国のタイに比べ安価な労働コストを魅力に企業の投資意欲が高まっているのに対応するためだそうです。また、ベトナムやミャンマーを結ぶ東西回廊の中間にあるラオスへ生産の一部を移し、タイ拠点を補完する動きも進んでいるそうです。
活性化策を公募したところ、パソナグループの淡路マンが・アニメアイランド」計画が選ばれ、人気のアニメ、マンガを集めてハイテク映像を駆使したアトラクションを展開するそうです。
イナモリストーンと呼ばれるもので、京セラの創業者、稲盛和夫名誉会長が昭和40年代にニューヨークで宝石を見ていて、天然宝石というだけで高価なことに疑問を抱き、宝石は美しさが魅力。人工でも天然と同等の美しさが出せるとの思いから事業化させた人工宝石だそうです。

いかがでしたか。今週もあと少し。頑張っていきましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News