【ブラジル進出にかかわる知識を学ぶ】

2014/07/07
2014/07/07

ブラジル進出企業、及びこれから進出を検討している企業にとっては、進出時および進出後の法人管理において多くの留意点が存在します。

特に会計・税務・労務上、重要な留意点が存在しています。
もちろん、進出企業にとっては、ブラジルの概況をはじめとした基礎知識も重要です。

会計制度としては、電子帳簿にかかわる個所、税務制度としては租税条約や移転価格税制、また労務環境やブラジル独自の手当など、日本での実務と異なる個所が多くあります。
社会保障制度や海外赴任者に対する対応も重要です。

投資環境とメリットを理解し、投資規制にかかわる法律や法人設立にかかわる設計やスケジュール例にいたるまでの知識は貴社業務を飛躍的に推進します。

ブラジル進出の基礎から、法人管理の詳細までをこの機会に学んでみませんか?

当社では、ブラジル進出企業や進出検討をしている企業の皆様のためのセミナーを開催いたします。

ぜひご参加ください。

詳細は下記からご確認ください。

「ブラジル進出時・進出後の法人管理 (会計・税務・労務)上の重要留意点」
日時: 平成26年8月1日(金)午後1時30分~午後4時30分

講師 金内 陽氏
東京コンサルティンググループ
(株)東京コンサルティングファーム
Brazil ダイレクター

http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/261435om.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News