【海外生産拠点の経営を学ぶ】

2014/05/19
2014/05/19

日本の製造業企業においては海外進出や海外企業買収が拡大し、「ものづくり経営」のグローバル化が急速に進んでいます。
しかしながら、国内では上手く機能してきた「ものづくり経営」が、海外拠点においては成功につながらない例は多々あります。

成功する海外生産拠点は何が違うのでしょうか。
そのヒントは「8Mイノベーション」と呼ばれています。
ものづくりの組織能力を数値化して評価。
ROAとの相関を利用して経営改革につなげるの経営手法が「8Mイノベーション」です。
どのようにすれば、現地子会社・関係会社のものづくり経営体質を強化し、海外工場の収益を拡大させていくことができるのかを8つ構成要素によって理解します。
わかりやすく体系化・可視化し、現場オペレーション改善に留まらず、海外拠点経営管理の標準化を通じた収益改善を目指す手法を貴社でも取り入れてみませんか。
この独自の手法を先行して、取り入れ、貴社の海外生産拠点を強化しましょう。

当社では、8Mイノベーション手法を中心にして、海外生産拠点における収益改善の進め方を学べるセミナーを開催いたします。
実例とともに海外生産拠点の経営を学びましょう。

詳細は、下記からご覧ください。


「海外生産拠点における収益改善の進め方
~成功するグローバルものづくり経営(8Mイノベーション手法)~」

平成26年5月30日(金)午後2時00分~午後5時00分  

講師:佐々木久臣氏
アリックスパートナーズ・アジアLLC
シニア アドバイザー 東京大学 特任研究員

講師:大久保潤二氏
アリックスパートナーズ・アジアLLC
ディレクター

講師:中谷公三氏
アリックスパートナーズ・アジアLLC
ディレクター

http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/260995om.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News