ブラジル進出

2013/01/23
2013/01/23

今年2014年はいよいよワールドカップ開催年ですね!
そしてその開催地は言わずと知れたサッカー強豪国のブラジル。
(2年後にはワールドカップも控えていましたね?)

そのブラジルで最近行われている取り組みがとてもユニークなのです。

・売春婦に英語・スペイン語などの語学を教える(適正価格交渉のため)
・売春宿を5ッ星のホテルに改装する(ホテル数の少なさをカバーするため)
・軍も発動させてスラム街を一層(彼たちはどこに行かされるのでしょうか?・・・)

最後のスラム街の件に関して言えば2008年に上海で万博が開かれた時も
一斉に古い家(政府支給)の建て替えが行われたり、パジャマで出歩かないように注意喚起されたり・・・なんか似てますね!

どこの国も自分を良く見せたいものです。

ところで最近、日本ではブラジル国債がにわかに人気ですね。

実際に買っているまたは薦められたことがある方も多いのではないでしょうか?

ワールドカップとオリンピックの開催地だし、BRICKsの一員として、豊富な資源を糧に安定した成長を見せています。

ブラジル国債のランク付けも新興国の中では中国に次ぐ高さです。
また、新興国のGDPでは中国やインドばかりが注目されがちですが、(2つとも人口数もすごいですもんね・・・GDPは総所得ですから。)
ブラジルはなんと購買力平均でみると中国の1・5倍もあるのです!

ブラジルへの日系企業の進出は早く、また多くの日系人が住んでいることでも有名ですね。

ですが、ブラジルの法律に関する情報は日本ではあまり深く多くは得られません。

新大統領のもとで、大きな国際試合のためのインフラ整備や外資参入などで、まだまだ成長が見込まれているブラジル。

ブラジルに新規参入もしくは事業拡大したいなら、そのための法律知識は必須です。

そこで、当社はブラジル・サンパウロ大学法学部教授 二宮正人先生を講師に迎えたセミナーを開催します!

ブラジルでビジネスをする際に法律面で気をつけなければいけないことを整理しましょう!

2月1日 13:30~
ブラジル進出企業が直面する各種法律問題
http://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/250203om.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News