「オープンイノベーション」はじめませんか?

2012/11/12
2019/08/10

オープンイノベーション」という言葉をご存知でしょうか?

日本では、まだ、あまり浸透していない単語ですが、世界では徐々に知られてきています。

オープンイノベーションとは自社技術だけでなく他社が持つ技術やアイデアを組み合わせて、革新的な商品やビジネスモデルを生み出すこと。自社の研究開発力だけに頼るやり方と対比される。 [知っておきたいIT経営用語/日経情報ストラテジーより]

多くの日本企業は、自社研究した技術に頼って、製品を開発してきました。
グローバル化が進む、現代では、そのような従来の方法に加え、国内外を含めた多くの企業と協働することも必要となります。
P&Gなど大手企業は、そのような方法を積極的に採用するようになっています。
また、技術・特許取得を目的としたM&Aも活発化しています。

日本企業がまだ、多く活用していない今!
オープンイノベーションを活用しましょう。

しかし、オープンイノベーションを行うためには、知的財産についての評価、会計上の扱いやM&Aを行う際の契約での留意点など、多くの障壁が存在します。

日本での例は少ないため、協働する双方の企業に経験が不足している場合もあるのではないのでしょうか。

そのような不安を解消するため、金融財務研究会がセミナーをご用意しました!

6名の強力な講師陣のもと、知的財産について、しっかり学ぶことができます。

ぜひ、ご参加ください。
お申し込みは、下記、URLからどうぞ。
https://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/242335om.html

金融財務研究会・経営調査研究会ではFacebookページも開設しています。
ぜひ、ご覧ください。
http://www.facebook.com/keichoken

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News