オリンパス事件などの近時の企業不祥事を踏まえて ≪最新・取締役の義務と責任≫セミナー

2012/06/13
2012/06/13

○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○

オリンパス事件などの近時の企業不祥事を踏まえて

≪最新・取締役の義務と責任≫セミナー

昨年来、オリンパス事件、大王製紙事件、AIJ事件等、会社役員に起因する事件が続発し、当時の経営者等関係者が逮捕されたり、会社側が不祥事を引き起こした取締役や歴代の経営陣に対して巨額の損害賠償訴訟を提起することも珍しくなくなっています。
取締役がその職務をまっとうするには、過去の経験だけに頼っていることは危険です。

そこで、当社では6月20日(水)午後1時から、青山学院大学法務研究科(法科大学院)教授で会社法や企業統治が専門の浜辺陽一郎弁護士を講師にお招きし「取締役の義務と責任」について、最新の情報をもとに徹底的に解説するセミナーを開催いたします。
本セミナーでは、(1)取締役と部長との大きな違い (2)「会社法」の意義と影響 (3)「取締役の基本的役割」として取締役会における心得10箇条 (4)「取締役の義務」として、大王製紙事件、オリンパス事件を例に、・善管注意義務と忠実義務・説明義務・競業避止義務・利益相反取引・遵法義務と監督義務・内部統制の構築義務 (5)「取締役の責任」として、株主代表訴訟・民事責任・責任の軽減制度、等々、全ての内容について取締役として心得が必要な最新情報を網羅し、解説します。新任・現役取締役はもちろんのこと、役員室スタッフ、監査部門、法務部門の方々にも、ぜひ受講していただきたい内容です。

6月20日(水)13:00~16:00 
≪最新≫取締役の義務と責任
~オリンパス事件などの近時の傾向と企業不祥事を踏まえて~
浜辺陽一郎氏(青山学院大学法務研究科(法科大学院)教授
弁護士法人 早稲田大学リーガル・クリニック  弁護士)

  1、取締役をめぐる昨今の話題
2、取締役の基本的役割—-取締役会における義務と                
運営心得
3、大王製紙事件、オリンパス事件等の近時の不祥事件に 
みる取締役の法的義務の具体的内容—-知らなかったでは
すまされない時代
4、どんな責任を問われるか—–株主代表訴訟と第三者
責任訴訟

参加費:¥36,000
http://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/241163om.html

 地震リスクの定量化とリスク・ファイナンス

6月20日(水)13:30から

“地震リスクの定量化とリスク・ファイナンス”

のセミナーを開催します。
講師は応用アール・エム・エスの山田敏博代表取締役社長にお願いし、顕在化した地震リスクの定量化とファイナンスについて解説して頂きます。
東日本大震災が社会に与えた影響や変化、今後発生が懸念される南海トラフの大地等震に関する最近の知見を整理します。その上で、一般には把握しにくい地震リスクの見える化(定量化)を行います。地震リスク分析の方法、分析結果の見方・使い方、財務への影響評価、サプライチェーンを考慮したリスク評価などです。
さらに地震リスクファイナンスについて、地震保険、震災ボンド、地震デリバティブ等の考え方やその利用方法について、最後に最適なリスクマネジメントについて解説します。
   6月20日(水)13:30~16:30 
地震リスクの定量化とリスクファイナンス
山田敏博氏(応用アール・エム・エス株式会社
代表取締役社長)
1.東日本大震災が社会に与えた影響
2.リスクとリスクマネジメントの考え方
3.地震リスクの定量化
4.地震リスクファイナンス
5.まとめ
    参加費:¥34,900

 バーゼルⅢにおける規制資本

6月20日(水)午後3時00分~午後6時00分まで 

「バーゼルⅢにおける規制資本 ~新告示とバーゼルⅢ対応証券の解説~」

と題するセミナーを開催致します。
講師は、渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 M&A戦略グループ 弁護士 橋本昌司(はしもとまさじ)氏 他にお願い致しました。
本セミナーは、2か月に1回、M&A・キャピタルマーケットに関する直近3か月の最新ニュースから注目のトピックなどを2時間でコンパクトに紹介し、ビジネスチャンスの可能性を検討する『最新M&A・キャピタルマーケットゼミ』の2012年度の第2回です。

 ◆特別割引料金20,000円

    6月20日(水)15:00~18:00 
バーゼルⅢにおける規制資本
~新告示とバーゼルⅢ対応証券の解説~
橋本昌司氏(渥美坂井法律事務所・外国法共同事業
M&A戦略グループ  弁護士  他)
1.新告示における規制資本と適格要件
2.新たなバーゼル対応証券
3.質疑応答(フリーディスカッション)
   参加費:¥20,000

標的型攻撃・クラウド・スマートフォンの最新リスクとその対応

6月20日(水)午後2時~午後5時まで

~標的型攻撃からクラウド、スマートフォンまで~ 「情報セキュリティの最新リスクとその対応」 

と題してセミナーを開催します。
講師は、リスクマネジメント、コンプライアンス、情報セキュリティなどの幅広い分野でコンサルティング業務に従事している、デロイト トーマツリスクサービス株式会社 パートナー 公認会計士 公認情報システム監査人(CISA)の丸山満彦氏にお願いしました。
今回は、情報セキュリティの基本を抑えつつ、情報セキュリティを取巻く最新の状況を踏まえた課題とリスク対応について概説します。
最近、サイバー攻撃により個人情報や技術情報が漏洩した疑いのある事案が続きました。いわゆる標的型攻撃というソーシャルエンジニアリング手法を交えたサイバー攻撃のリスクも増えてきています。 一方、コスト削減、業務効率性の向上のためにクラウドサービスの利用も急速に増えています。クラウド利用のメリットを享受しつつ、その利用によるリスクを低減することによって、うまくクラウドサービスを活用することが重要となります。
また、個人利用が急速に進んでいるスマートフォンやタブレット端末を、企業でビジネスに活用する動きも出ていますが、スマートフォン特有のPCとは違うリスクも発生しています。 
6月20日(水)14:00~17:00 
~標的型攻撃からクラウド、スマートフォンまで~
情報セキュリティの最新リスクとその対応
丸山満彦氏(デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 パートナー
公認会計士 公認情報システム監査人(CISA))
1.情報セキュリティの基本
2.標的型攻撃のリスクとその対応
3.クラウドサービス利用のリスクとその対応
4.スマートフォン利用のリスクとその対応
参加費:¥34,100
○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○

その他のセミナーの詳細および受講お申し込み方法等につきましては、当社下記ホームページをご覧下さい。

http://www.kinyu.co.jp/seminarom.html 

******************
株式会社金融財務研究会
〒103-0025中央区日本橋茅場町1-10-8 4F
TEL:03-5651-2030FAX:03-5695-8005
******************
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News