再生可能エネルギー法の解説

2012/06/12
2012/06/12

○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○

再生可能エネルギー法の解説

6月19日(火)午前10時30分から

「再生可能エネルギー法の解説とファイナンス手法」

と題して
セミナーを開催いたします。
講師には、弁護士法人三宅法律事務所パートナーの渡邉雅之弁護士にお願いしました。
再エネ法がこの7月にいよいよ施行されます。今回のセミナーでは、この新しい制度の概要、可能性、問題点、さらに、考えられるファイナンス手法まで、渡邉弁護士が短時間でコンパクトに解説します。

    特別割引料金10000円

 6月19日(火)10:30~12:00 
再生可能エネルギー法の解説とファイナンス手法
~政省令の内容や調達区分・調達価格・調達期間に関する問題も踏まえて~
渡邉雅之氏(弁護士法人 三宅法律事務所
東京事務所 パートナー弁護士)

1. 再エネ法の解説(政省令の内容も踏まえて)
2. 関連規制の問題(アクション・プランの実施状況)
3. 個別の再生エネルギーの可能性と問題点
4. 考えられるファイナンス手法 
~質疑応答~

参加費:¥10,000
http://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/241150om.html

最新ネットビジネスの法律問題と対処法

6月19日(火)午後1時00分~午後4時00分まで 

「最新ネットビジネスの法律問題と対処法 ~利用約款作成・ライフログビジネス・サイト運営者の責任・従業員のSNS利用等~」

題するセミナーを開催致します。
講師は、TMI総合法律事務所 弁護士 柴野相雄氏にお願い致しました。

本セミナーでは、近時のインターネット関連サービスについて、従来からの法的問題点を再考すると共に、最新の法的問題点を検討し、これらの問題点について、利用約款の見直しなど、企業に求められる対応策を解説します。

     6月19日(火)13:00~16:00 
最新ネットビジネスの法律問題と対処法
      ~利用約款作成・ライフログビジネス・
      サイト運営者の責任・従業員のSNS利用等~
柴野相雄氏(TMI総合法律事務所 弁護士)

第1 はじめに
インターネットビジネスを巡る近時の情勢
第2 各論
(1)利用約款に関する諸問題
(2)広告、その他の表示に関する諸問題
(3)サイト運営者、コンテンツ提供者の責任に関する諸問題
(4)その他近時のトピック(従業員のSNS利用など)

     参加費:¥34,200
http://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/241151om.html

事例をもとに。アジアにおける企業不祥事リスクと危機管理

6月19日(火)午後2時00分~午後5時00分まで 
「アジアにおける企業不祥事リスクと危機管理 ~不祥事発生のメカニズムと発生時の処方箋~」と題するセミナーを開催致します。
講師は、西村あさひ法律事務所 弁護士 渋谷卓司氏にお願い致しました。
アジア諸国への進出は企業の成長戦略として定着している感があります。その一方で、海外拠点での役員・社員による不祥事事例も増加する傾向にあり、その対応を誤ると、企業の活動や、場合によっては、その存続に重大な影響を及ぼすおそれもあります。

本セミナーでは、アジア諸国での企業不祥事発生の背景・原因、そこでの不祥事が企業活動に及ぼす影響等を検討するとともに、典型的な想定事例をもとに、実際に問題が発生した場合にとるべき対応策(事実調査、民事・刑事の法的手続等)について解説します。

   6月19日(火)14:00~17:00 
アジアにおける企業不祥事リスクと危機管理
~不祥事発生のメカニズムと発生時の処方箋~
渋谷卓司氏(西村あさひ法律事務所 弁護士)

1.企業における不祥事対応
2.アジアの海外拠点での不祥事対応の重要性
3.事例検討  

    参加費:¥34,700
http://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/241155om.html

グローバル企業に求められる財務力強化のポイントと実践事例

6月19日(火)午後2時30分~5時30分まで
「グローバル・トレジャリー・マネジメント」 ~本社機能の強化のポイントと実践事例~
と題してセミナーを開催します。
講師は、デロイト トーマツ コンサルティング株式会社 CFOサービスシニアマネジャー日置圭介氏、シニアコンサルタント・税理士の近藤康彦氏にお願いしました。 各業界でのグローバル・トレジャリー・マネジメント構想策定やシェアード・サービス・センター構想・設立に多くの実績があります。
企業のグローバリゼーションが深化する中、改めて本社の機能が問われています。特に企業にとっての最重要資源である「資金」を効果的に管理する機能が不可欠となっていますが、日本企業ではグループ内に偏在する資金を有効に活用しきれていないケースが散見されています。

そこで、本セミナーではグループ全体の資金の流れを管理する「グローバル・トレジャリー・マネジメント」を強化するためにはどうすべきか、様々な実践事例を踏まえ解説します。

6月19日(火)14:30~17:30 
グローバル・トレジャリー・マネジメント
~本社機能の強化のポイントと実践事例~
日置圭介氏(デロイト トーマツ コンサルティング株式会社
CFOサービス シニアマネジャー 日本CFO協会 主任研究委員)
近藤泰彦氏(デロイト トーマツ コンサルティング株式会社
CFOサービス シニアコンサルタント 税理士)

1.グローバル深化時代における本社機能の強化のポイント
2.トレジャリー・マネジメントの要諦
3.トレジャリー・マネジメントの強化に向けた実践事例

参加費:¥34,900
http://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/241157om.html

○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○

その他のセミナーの詳細および受講お申し込み方法等につきましては、当社下記ホームページをご覧下さい。

http://www.kinyu.co.jp/seminarom.html

******************
株式会社金融財務研究会
〒103-0025中央区日本橋茅場町1-10-8 4F
TEL:03-5651-2030FAX:03-5695-8005
******************

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News