インドネシアにおける合弁契約~アジアの他の国との 比較も交えて~

2012/06/06
2019/08/10

○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○

「インドネシアにおける合弁契約~アジアの他の国との
比較も交えて~」

6月14日(木)午後2時30分

講師:対木和夫氏

日本企業によるアジア諸国への進出では現地パートナーとの
合弁の形態で進出することが多くなっています。
そのため、現地企業との合弁契約の理解を深めることは
必須と言えるものの、その内容は複雑化することも多く、
正確な理解をすることは容易ではありません。

本セミナーでは、インドネシアにおける合弁契約について、
合弁契約書の基本的な構成に立ち返りつつ、インドネシア
特有の問題について (1)合弁形態によるインドネシアへの
進出方法 (2)合弁契約書の基本的な構成 (3)インドネシア
における合弁契約のポイント、等について詳細解説いたします。

(ご参加の皆様には、合弁契約書のひな形が提供されます)
また、タイ、インド、ベトナムなどの他のアジア諸国における
合弁契約上のポイントについても触れていきます。
インドネシア、その他アジア諸国への進出と拡大を目指す
企業の皆様のご参加をお奨めします。

6月14日(木)14:30~17:30 
インドネシアにおける合弁契約
~アジアの他の国との比較も交えて~
対木和夫氏(長島・大野・常松法律事務所
弁護士 パートナー) 

1. 合弁形態によるインドネシアへの進出方法
2. 合弁契約書の基本的な構成
3. インドネシアにおける合弁契約のポイント
4. 他のアジア諸国における特有のポイント

参加費:¥34,800
https://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/241127om.html

「アジア新興国市場における事業展開に
伴う贈賄リスクとその管理のあり方」

6月14日(木)午後1時30分

講師:森本大介氏(西村あさひ法律事務所 弁護士)

本年4月に、日本の電線メーカーのアジア新興国現地法人
社長が公務員への贈賄事件に関与していた疑いで、現地の
捜査機関から捜査を受けることが報道されましたが、
近時の日本企業によるアジア新興国市場への進出が
急増するに伴い、贈賄防止規制違反のリスクも増加しております。

本セミナーでは、特にアジア新興国市場で事業を展開する際の
贈賄防止規制上の留意点とリスク管理方法について、
ケーススタディを交えながら解説します。

特に企業における重要な対応方針として、(1)リスクアセスメント
(2)贈賄防止規程を作成する際のポイント (3)エージェントを
起用する際のポイント (4)現地子会社・関連会社を管理する
際のポイント (5)内研修実施の際のポイント、等々について、
セミナーの中で詳細に言及いたします。

すでにアジア諸国に進出済みの企業はもちろん、これら諸国に
進出を計画中の企業の関係者の方に是非ご参加いただきたい
セミナーです。

6月14日(木)13:30~16:30
アジア新興国市場における事業展開に伴う
贈賄リスクとその管理のあり方
森本大介氏(西村あさひ法律事務所
パートナー弁護士・NY州弁護士)

1、日本企業に適用される主要な外国公務員等に対する
贈賄防止規定
2、アジア新興国市場特有のリスク
3、ケーススタディ
4、贈賄が行われた場合のインパクト
5、企業における対応方針

参加費:¥34,900
https://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/241123om.html

「初心者のための契約実務」~基礎から書式例を用いた解説まで~

  6月14日(木)午後2時~5時まで

 講師:縫部 崇氏

会社で日常的に扱っている契約書。しかしながら、改めて考えてみると、
契約書の有する意義や具体的な条項の意味、その他契約書に関連する基礎的な
事項を十分理解しないまま業務を行っている場合も多いのではないかと
思います。

そこで、本セミナーでは、いまさら人に聞けないような基礎的な知識から
日常業務の中でよく用いられる取引基本契約、秘密保持契約などについて、
書式例を用いながら、契約締結上の留意点を、より実践的な観点から解説
します。

加えて、契約締結交渉における留意点、よく問題となる条項と対応、
契約書のレビューの依頼の際のポイント等についても、解説します。

6月14日(木)14:00~17:00 
初心者のための契約実務
~基礎から書式例を用いた解説まで~
縫部 崇氏(丸の内総合法律事務所 弁護士)

1.契約書にまつわる基礎知識
2.契約締結交渉における留意点
3.契約書のサンプルの利用と留意点
4.契約書の構成と書き方の基礎知識
5.具体例1(取引基本契約)
6.具体例2(秘密保持契約)
7.よく問題となる条項と対応
8.契約書レビューの依頼

参加費:¥34,700
https://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/241125om.html

「内部監査人による内部統制監査手続きの実際~子会社・グループ会社の内部監査にも踏み込んで~」

6月14日(木)午後1時から

講師:鈴木実氏(NPO日本システム監査人協会・理事)

昨今の企業不祥事多発を踏まえて、子会社、グループ会社の
内部監査については、親会社も関与すべきであるといわれており
「内部統制の第二者監査」とも呼ばれております。
本セミナーでは経営者が期待している、子会社を含めた
グループのコーポレートガバナンスのための内部監査
(リスクアプローチによる監査)について解説いたします。

また、内部統制報告制度の平成23年3月の見直しにより、
手続きの明確化と簡素化が図られたのを踏まえて、
(1)改定後の内部統制報告制度、(2)内部監査協会(IIA)の
内部監査概要、(3)内部監査手続き及び監査手法、
(4)「内部統制監査報告書」の作成などを、通常セミナー
より時間を延長して、詳細に解説します。

セミナー参加者には、内部監査のスタート時に鈴木講師が
編集しました「内部統制規程類サンプル」(取締役規程、
監査役規程等20項目70ページ余)を収納したCDを進呈します。
内部統制監査について、体系的に学びたい方や内部監査部門に
新たに配属された方にご参加をお勧めいたします。

6月14日(木)13:00~16:30 
内部監査人による内部統制監査手続きの実際
~子会社・グループ会社の内部監査にも踏み込んで~
鈴木 実氏(NPO日本システム監査人協会・理事
・厚生労働省 業務・システム最適化評価委員
・公認システム監査人)

1.改定後の内部統制報告制度の概観
2.内部監査協会(IIA)の内部監査概要
3.内部統制の内部監査手続き及び監査手法
4.子会社におけるセルフアセスメント
5.内部統制の第二者監査
6.「内部統制監査報告書」の作成
7.質疑応答 

参加費:¥34,300
https://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/241121om.html

○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○

その他のセミナーの詳細および受講お申し込み方法等につきましては、
当社下記ホームページをご覧下さい。

https://www.kinyu.co.jp/seminarom.html

******************
株式会社金融財務研究会
〒103-0025中央区日本橋茅場町1-10-8 4F
TEL:03-5651-2030FAX:03-5695-8005
E-MAIL:seminar@kinyu.co.jp
******************

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News