6月8日開催セミナーのお知らせ

2012/06/01
2019/08/10

○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○

本年、国会に上程された社会保障・税番号(マイナンバー)制度につき、その概要、諸業界団体の考え方、実務上の問題点を整理して解説

6月8日(金) 13時30分から

「マイナンバー制度と金融実務  

~金融業界諸団体等の意見のポイントと事務手続き・法律上の問題点他~」

と題してセミナーを開催致します。
講師は、ニューヨーク州弁護士でもあり、銀行・証券・保険関連法制に精通しておられる、尾高・浅井国際法律事務所の浅井弘章弁護士にお願い致しました。

昨年6月に大綱が示され、7月にはパブリックコメント手続き実施、本年2月に法案が国会に上程された社会保障・税番号(マイナンバー)制度ですが、もし予定通り、本年の通常国会で成立することになりますと、金融取引・株式事務など広範な影響と多大な負担が生じる可能性があります。

本セミナーでは、多くの情報源を持ち、この分野での経験豊富な講師が、制度の概要や、様々な金融業界団体の考え方を整理し、制度が導入されたときの金融実務上の問題点等を解説します。
現時点では、法案の成立は、政局の行方次第という見方もありますが、今後、これに類する制度の導入は、避けて通れないように思われ、今から実務対応の準備をされておかれることは、けして無駄にはならないはずです。

  6月8日(金)13:30~16:30 
マイナンバー制度と金融実務
~制度のポイント、金融業界諸団体の意見のポイントと
事務手続き・法律上の問題点他~
浅井弘章氏(尾高・浅井国際法律事務所 弁護士)

1 マイナンバー制度の概要
2 マイナンバー制度の10個の重要ポイント
3 金融業界団体の意見のポイント
4 既存の制度との比較
5 マイナンバー制度の導入による金融実務上の問題点
6 質疑応答

参加費:34,600
https://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/241081om.html

中国からのスムーズな撤退の進め方

6月8日(金)午後2時30分~5時30分まで

「中国からのスムーズな撤退の進め方」 
 ~グローバル事業の「選択と集中」のためのキーポイント~ 

と題してセミナーを開催します。
講師は、中国法・中国税務スペシャリストとしてキャストコンサルティング株式会社取締役・代表取締役社長を歴任。現在、株式会社アウトバウンド・マネジメント代表取締役社長である税理士の日上正之氏にお願いしました。

中国進出企業の中には、様々の理由で、清算・撤退を余儀なくされたり、
内陸や他の地域への移転や収用等を迫られる、といったケースも多く生じて
おります。
外資企業の撤退に当っては、中国特有の税務・法務問題、人員整理の労務
問題、税関、外貨管理等の避けては通れないクリアランス問題が待ち受け、
決して日本のように容易には進行しません。

そこで本セミナーでは、中国進出企業の清算・撤退に数多く立ち会ってきた
講師が、スムーズな撤退の進め方を具体的な事例等を紹介することにより、
本社側の責任者が、どのような気構えや体制で対応すべきかにつき、わかり
易く解説いたします。

6月8日(金)14:30~17:30 
中国からのスムーズな撤退の進め方
~グローバル事業の「選択と集中」のためのキーポイント~ 
日上正之氏(株式会社アウトバウンド・マネジメント
CEO代表取締役 税理士)

1. 総論
(1)日系企業の撤退事情
   (2)中国特有の問題点
(3)撤退として採るべき方法
2. 各論
(1)持分譲渡
(2)清算
(3)移転   
(4)破産
3.総括
(1)まとめ
(2)コンサルテーション
4.質疑応答

参加費:34,800
https://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/241085om.html

金融機関に求められる内部監査態勢の高度化と

実務的対応

6月8日(金)午後3時30分~6時00分まで

【内部監査部門長及び監査企画担当者向け】
「金融機関における内部監査態勢の高度化」
~規制等の最新動向及び内部監査の品質評価に基づく課題と実務的対応~

と題してセミナーを開催します。
講師は、あらた監査法人ディレクター公認会計士・公認内部監査人 駒井昌宏氏、同マネージャー、公認内部監査人・公認金融監査人 高谷健太郎氏にお願いしました。

 金融機関の内部監査部門は、規制等の外部環境や経営者の期待を踏まえ、リスク・フォーカス/フォワード・ルッキングアプローチを採用し、組織に付加価値を提供するための、内部監査態勢の継続的な高度化が求められています。 しかしながら、現状では、金融機関を取り巻く急激な環境変化、高度化に向けた情報収集・分析活動や監査実施のための資源の制約等により、自らの組織や経営者の期待に即した高度化を図ることが難しい状況にあります。

本セミナーでは、内部監査部門長及び監査企画担当者を主な対象として、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が実施した調査分析結果等に基づき、内部監査に係る規制や国内外の金融機関を取り巻くリスク等の最新動向をコンパクトに解説します。また、PwCが国内外の金融機関に対して実施している内部監査の品質評価の経験に基づき、典型的に見受けられる課題やその傾向、自らの組織における内部監査態勢の高度化に向けた示唆及び、具体的対応等の改善の方向性等について、実例を交えて解説します。

6月8日(金)15:30~18:00 
内部監査部門長・監査企画担当者向けセミナー
金融機関における内部監査態勢の高度化
~規制等の最新動向及び内部監査の品質評価に
基づく課題と実務的対応~
駒井昌宏氏(あらた監査法人 ディレクター      
公認会計士 公認内部監査人)
高谷健太郎氏(あらた監査法人 マネージャー
公認内部監査人 公認金融監査人)

1.金融機関の内部監査に係る最新動向
2.内部監査の品質評価結果を踏まえた課題と
高度化のポイント
3.質疑応答

参加費:34,700
https://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/241087om.html

○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○●●●○

その他のセミナーの詳細および受講お申し込み方法等につきましては、
当社下記ホームページをご覧下さい。

******************
株式会社金融財務研究会
〒103-0025中央区日本橋茅場町1-10-8 4F
TEL:03-5651-2030FAX:03-5695-8005
E-MAIL:seminar@kinyu.co.jp
HP:https://www.kinyu.co.jp/

******************

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News