ベネディクト

2013/02/20
2013/02/20

2月もそろそろ終盤、今年はうるう年ではないので28日までですね。
さて、2月の最後に起こることと言えば・・・・

ローマ法王 ベネディクト16世の退位ですね。
(正確には時差があるので日本時間では3月に入っていますが・・・)

日本は無宗教と言われるほどなので、みなさんもあまりなじみがないかもしれませんが、
キリスト教は世界三大宗教の一つで、最も信者が多い宗教でもあります。
(日本で宗教というとなんだか怪しい雰囲気になってしまうような気がするのは私だけでしょうか?)

今回ベネディクト16世が退位を表明した日の夜にはサンピエトロ大聖堂に雷が落ちたりといろいろ話題を呼びましたが、存命の法王が退位するのは実に600年ぶり。

意外かもしれませんが、全世界のキリスト教徒のうち41%は中南米、15%はアフリカにいると言われています。
キリスト教徒を大雑把に分けるとカトリックとプロテスタントに分かれますが、このうちローマ法王を首長とするカトリックだけで約10億人いるとされています。
キリスト教徒言うと欧米をイメージする方がほとんどだと思いますが、実は全世界に影響力を持っているのです。(もっともローマ法王が影響力を持つのは基本的にカトリックの方なのですが・・・)

ローマ法王とは、カトリック教会全体の首長ということだけでなく、イタリア・ローマ市内のなる世界最小国家バチカンの国家元首の役割も担っています。

ちゃんと赤い靴を履いていますね

今回、高齢によって体調が万全でなくなったことを理由に退位されますが、実は就任したときすでに78歳。これは過去約270年間で最高齢の就任でした。
在位中は赤い靴をはく習慣を復活させたり、TWITTERのアカウントを開設したり、ポール6世のホールに太陽光発電のパネルを装備したりと保守的にも革新的にも活躍なさっていました。

東北大震災の際には、日本のために全世界にメッセージを発信したことを覚えている方も多いのではないでしょうか?

ベネディクト16世の退位を受けて、ローマ法王の選出会議であるコンクラーベが3月中にも開催され、次期法王が選出されますが、今回は誰がなるのでしょうか?

法王になれるのは現法王の助言者で高位聖職者である枢機卿の中から選ばれるとされ、歴代法王をみると圧倒的にイタリア系が多いです。
(現法王はドイツ、前法王はポーランドですが、その前の4人の法王は全員イタリアです)

なにはともあれ、2月が終わってしまうと、一年の約1/6が終わってしまう計算になります。
みなさんはいかがお過ごしですか?
今回の主題である現法王のベネディクト16世もダライラマ14世も使っているというTWITTERなどSNS。
当社でもよりよいSNSサイトを目指してこれからもがんばっていきます。
どうぞこのブログだけでなく、FACEBOOKページやTWITTWRもよろしくお願いします。
(個人的にはFBの日本橋周辺のランチ情報やニュース記事に関連した投稿がお気に入りです!ぜひ見てみて下さい!)
FB:http://www.facebook.com/keichoken
TW:https://twitter.com/keichoken     https://twitter.com/keichoken04  

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News