お盆休み

2012/08/21
2012/08/21

みなさん、もうお盆休みから戻ってきたころでしょうか?

帰省する方や旅行に行かれる方、家でのんびり過ごす方、いつもと変わらずお仕事がある方・・・・・
みなさんそれぞれのすごし方があったかと思いますが・・・・

みなさん日々の疲れは取れたでしょうか?
(お盆休みがなく通常通りお勤めをされていた方、お疲れ様です。)

今日はまだ疲れが取れてない、いつも疲れが取れにくい方にオススメの料理を一つ紹介します。

疲労に効くとされている料理はいくつもありますが、今日私が紹介するのは・・・・

餃子です!ギョウザ!!

餃子 Gyoza, Dumpling / jetalone



みなさん、餃子の中に入っているものを思い浮かべてください。

豚肉、キャベツ、ニラ、にんにく、・・・・・・そしてお酢につけて食べる・・・・

これがなんと疲労回復に聞く食材のオンパレードなのです!

豚肉にはビタミンB1が牛肉の10倍含まれています。
ビタミンB1は肝臓でブドウ糖をエネルギーに変えるときに必要なビタミンであり、これがないと逆ににブドウ糖は疲労物質である乳酸に変わってしまいます。さらにアルコールの分解・代謝にもこれが使われます。
ニラやにんにくにはアイリンという物質が含まれており、それが分解されて生じるあの独特な臭いのもとであるアリシンは疲労回復、滋養強壮への効果が抜群で、ビタミンB1の吸収を助けます。
さらにこの2つの成分が結合するとアリチアミンという物質に変わり、「疲労回復のビタミン」と称されるビタミンB1よりも効率がよく強力な効能を発揮するものになります。

さらに極め付けが食べるときにつけるお酢です。

お酢は体内でクエン酸に変わり、これがエネルギーを生産する仕組みであるクエン酸回路を活性化させてくれます。特に筋肉疲労や肝臓の疲れから来る症状を治したい場合にオススメです。
つまりエネルギーの原材料となるブドウ糖(つまり糖質!)を含んでいる炭水化物を
お酢と一緒にとることでかなり効果的に疲労回復できるのです!

さらにこのお酢、黒酢を使うことをオススメします。
より効果が得られますよ!

というわけで、みなさん
疲れがなかなか取れない、だるいなど感じて何食べようか迷っているときはぜひ餃子を食べてみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事Latest News